Warning: Use of undefined constant bwt - assumed 'bwt' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/functions.php on line 76
アーカイブ

Archive for 1月, 2012

岡部チサンカントリ-クラブ 岡部コ-ス〔埼玉〕

土曜日, 1月 28th, 2012

岡部チサンCC 岡部コ-スで、オ-プンコンペが開催されると聞き、一人で参加することにしました。

最近は、関越方面のコ-スによく行ったので、行程が理解できて、家から新座まで30分、

花園ICを降りるまで60分と計算できました。 ICから12kmと約90分の行程です。

岡部コ-スは、久米建築設計事務所の設計で1960年10月開場。 公式戦の開催される美里コ-スは、春日井薫の設計で1963年10月開場です。

 

 

クラブハウス

 

 

 

 

 

 

 

 

練習場 180yd 15打席

 

 

 

 

 

 

 

 

パッティンググリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

アプロ-チ練習場

 

 

 

 

 

 

 

さすが36ホ-ルのコ-ス、受付も客が多くて混雑しています。 前日予約したのは、IN8:45だったのですが、フロントでOUT8:52に変更になったと告げられました。

コ-ス到着時の気温-4℃とこの日も厳しい寒さだったので、凍ったグリ-ンへのアプロ-チが重要とアプロ-チ練習に時間を費やしました。 8:40にそろそろ同伴者にご挨拶と思い、スタ-トの1番ティ-インググラウンドに行くと私のバッグが有りません。

係りの人に聞くと、同伴者の一人が遅れて未だ到着していないので、スタ-トが9:07になったと言うのです。 ストレッチなどして待って、やっとスタ-トとなりました。

 

 

No.1 544yd

IPポ-ル240ydにある

左目が狙い目

 

 

 

 

 

 

1番の第2打地点

フェアウエ-もコチンコチンに凍っている

 

 

 

 

 

 

 

No.2 127yd

池越えの打ち上げパ-3

 

 

 

 

 

 

 

No.3 474yd Par5

右のラフとの境目に行った打球は、右傾斜のためOBに消えていた

 

 

 

 

 

 

No.4 369yd

左ドッグレッグ

 

 

 

 

 

 

 

No.5 160yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.6 295yd Par4

第2打はかなりの打ち上げ

この頃から風が強くなる

 

 

 

 

 

 

No.6 グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.7 350yd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.8 365yd

右ドッグレッグ

 

 

 

 

 

 

 

8番グリ-ン

少しでもスライスするとOB谷に転げ落ちる

 

 

 

 

 

 

 

No.9 360yd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.10 400yd

左のOBが浅い

 

 

 

 

 

 

 

No.11 425yd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.12 445yd Par4

 

 

 

 

 

 

 

 

No.13 509yd Par5

第2打以降 右の池注意

 

 

 

 

 

 

 

 

13番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.14 132yd

池越えのパ-3

 

 

 

 

 

 

 

No.15 354yd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.16 100yd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.17 288yd Par4

 

 

 

 

 

 

 

 

No.18 480yd Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

18番グリ-ン

グリ-ンは右から攻める。グリ-ンは、左傾斜でこぼれやすい

 

 

 

 

 

北風が吹く寒い一日だった。 同伴者3人は、ここのメンバ-で、初めての私と異なり、コ-スを良く知っていた。 一人が使っていたユピテルのゴルフナビが良さそうだったので、購入を検討したい。

我々が最終組だったので、スコアカ-ドを提出して直ぐ表彰式となった。 私は、OBを打ち、トリプルボギ-とした4ホ-ルが全て隠しホ-ルだったので、オフィシャルハンディ-以上にハンディ-が付き、5位に入賞し、上州牛の霜降りカルビ-肉をもらった。

他の3人もY氏20位、M氏24位、T氏BBと全員に賞が当たる楽しい結果だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京国際空港ゴルフ倶楽部(千葉)

木曜日, 1月 26th, 2012

東京国際空港GCが、JSGCA[日本ゴルフコ-ス設計者協会]佐藤 毅理事長の設計したコ-スだと知り、一度プレ-してみようと一人予約ランドで同伴者を募りました。

プレ-金額が9200円と少し高めなためか誰も希望者がなく、キャンセルしようかと思ったプレ-前日に1名申込があり、早速出かけた次第です。

家からは東関東自動車道を使って成田新空港ICを出て、第1タ-ミナルの警備を通り、コ-スに向いました。 距離は、86kmですが、ICから18kmあるので、90分掛かりました。

 

 

クラブハウス

イ-グルレイクの隣にある

1988年8月開場

松尾横芝ICから9km

 

 

 

前日アプロ-チ練習ができると聞き、早めの到着で行ったのですが、行ってみるとバンカ-もグリ-ンも閉鎖されており、パタ-と素振りにストレッチで時間を潰しました。

 

 

30yd 7打席の練習場

 

 

 

 

 

 

 

 

アプロ-チ場

シ-トで保護されていた

 

 

 

 

 

 

相方が来ないので訪ねると渋滞で遅れるとの事、結局スタ-トを遅らせてプレ-開始となりました。 同伴者は、ここの元メンバ-でコ-スを熟知している年配のダッファ-です。

以前は、会員数が過大で、1ヶ月前でも全く予約が取れなかったそうです。 それでM氏は売却したが、ホ-ル内高低さが10Mのフラットな造りで、距離もレギュラ-ティ-6300ydと手頃なため今でも時々利用するとの事。

うねるフェアウエ-と砲台系グリ-ンが特色だそうです。 また、夏には、夜間でもプレ-できるように全ホ-ルに照明が備えられています。

距離表示は、青杭200yd、白杭150yd、赤杭100ydで、ピン位置は、手前/真中/奥の3段階をA.B.Cで表示。 当日は、3.9mmカットでスティンプメ-タ-9ft、ピンポジCだった。

この日も気温が-3℃~9℃と寒く、雪がコ-ス内あちこちに残っていました。 だからコ-スが用意してくれた甘酒は、嬉しかった。

 

 

No.1 410yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.2 348yd

 

 

左のOBは浅い。

 

 

 

 

 

No.3 161yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.4 380yd

名物ホ-ル、池越えの第2打が難しい。 左いっぱいに打つ。

 

 

 

 

 

 

 

4番 第2打地点

左足下がりとなる

 

 

 

 

 

 

 

ロ-カルル-ルでセカンドが池なら、このドロップポイントから次は5打目

 

 

 

 

 

 

 

 

No.5 474yd Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

No.6 129yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.7 385yd

 

 

 

 

 

 

 

 

7番 グリ-ン方向

 

 

 

 

 

 

 

 

No.8 350yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.9 516yd

 

 

 

 

 

 

 

 

9番第2打地点

 

 

 

 

 

 

 

 

コ-スで借りたウオ-カロンの距離表示計 525円

見やすいが大きくて邪魔!

 

10番は撮影を忘れた

 

 

 

 

 

No.11 475yd

 

 

 

 

 

 

 

 

11番 第2打

 

 

 

 

 

 

 

 

No.12 185yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.13 339yd

 

 

 

 

 

 

 

 

13番第2打

 

 

 

 

 

 

 

 

No.14 365yd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.15 375yd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.16 175yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.17 498yd Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

No.18 353yd

池まで180yd

 

 

左傾斜でバンカ-に入り易い

 

 

 

 

18番 グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

プレ-の感想は、高圧線の鉄塔がよく目に入るし、上空は空港の離着陸の飛行機が頻繁に飛び、煩い。

慣れれば、それ程でもないのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美里ロイヤルゴルフクラブ(埼玉)

木曜日, 1月 26th, 2012

一人予約ランドで同伴者を募ったら、3日で参加者が3人集まり、どんな出会いのゴルフになるかと楽しみに美里ロイヤルGCに行きました。

家から関越道花園ICまで83km、ICからR254号経由でコ-スまで11kmとまずまずの好アクセスで、75分でコ-スに着く事ができました。

ただ、コ-ス入口の道路が工事中として閉鎖されており「3月末まで!」、迂回路が判らず、隣の美里ゴルフ倶楽部に行って聞いたところ、美里ゴルフを横切って行くように教えられました。

これには、少し驚きましたが、無事予定時刻に到着し、早速練習することにしました。

1993年7月開場。 ㈱市川造園土木がアメリカのメジャ-ト-ナメント開催コ-スをイメ-ジして設計。

 

 

クラブハウス玄関

貴重品ロッカ-は指紋登録式

 

 

 

 

 

 

 

池越えのドライビングレンジ

誰も練習していなかった

 

 

 

 

 

 

 

クラブハウスの向い側にあるスタ-ティングハウス

この脇に練習グリ-ンやアプロ-チゾ-ンがある

 

 

 

 

 

 

 

 

アプロ-チ場

手前が練習グリ-ンでバンカ-も練習できる

 

 

 

 

 

時間が早かったのか、誰もいなくて貸切状態で40分ほど練習できた。

 

 

練習グリ-ン、クラブハウスの脇にもあり、3箇所ある

 

 

 

 

 

 

同伴者にご挨拶して、エンジン付カ-ト40番に乗って出発しました。 同伴者の中で、韓国の人だけが、このコ-スを前にもプレ-した経験があるとの話で、彼に聞きながらのプレ-となりました。 フェアウエ-の旗は、100yd、150yd、200yd地点にあります。

 

 

 

No.1 400yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.2 548yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.3 364yd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NO.4 171yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.5 333yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.6 388yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.7 420yd

右OBの打ち下ろしのパ-4

 

 

グリ-ン左側を狙って打つとセカンドはショ-トアイアン

 

 

 

 

 

No.8 167yd

 

 

 

 

 

 

 

 

8番グリ-ンからティ-グラウンドを見る

 

 

 

 

 

 

 

 

No.9 520yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.10 316yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.11 341yd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.12 341yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.13 207yd Par3

 

 

 

 

 

 

 

 

No.14 392yd

 

 

 

 

 

 

 

 

14番グリ-ンから山を見る

 

 

 

 

 

 

 

 

No.15 472yd Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

No.16 315yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.17 140yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.18 577yd

 

 

 

 

 

 

 

 

右上が18番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

18番 第3打

 

 

 

 

 

 

 

 

池の全景

 

 

 

 

 

 

 

山々の景色と池が映え、美しいコ-スだった。 グリ-ンが非常に大きく、パ-オンしても3パットでボギ-も多発した。

素直なレイアウトで、ミスに寛容な造りのため、久しぶりに30台が出せた。 近い内にまたプレ-してみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤城カントリ-倶楽部〔群馬〕

金曜日, 1月 20th, 2012

一人予約ランドで群馬の赤城CCに行きました。 家からは、関越自動車道高崎JCT北関自動車道伊勢崎IC経由でコ-スまで150kmと遠いのですが、2000~2009年SANKYOレディ-スオ-プンが開催されていたし、楽天クチコミ4.6Pと高いので興味がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毒島邦雄設計・杉原輝雄監修で1994年5月開場。 茂木宏美・武藤俊憲プロ所属。

高速降り口を間違えるハプニングがありましたが、なんとか2時間強で到着し、早速コ-スを見せてもらいました。

 

 

ドライビングレンジ 120yd 20打席、IN10番脇にある

ネット左がアプロ-チもできる所

30球/320円

 

 

 

 

電話で確認していたアプロ-チ場をキャディ-マスタ-室で聞くとこの写真のレンジネット脇を教えてくれたが、後でOUT1番に行く時練習グリ-ンにバンカ-練習ができるように整備されていた。

ここのスコアカ-ドは、使い易いように工夫されていて、表が11番グリ-ンからティ-インググラウンド方向を見た時の写真(山は赤城山?)とクラブハウスや各ホ-ルと避雷小屋を含みコ-ス全体図にロ-カル・ル-ルが書いてあり、内側に各ホ-ルの形状やメイングリ-ンの位置、池やOB特設ティ-の有無が判る簡単なイラストがある優れものです。

カ-トは、GPS付き電磁誘導カ-トで、リモコン付きでした。

 

 

No.1 382yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.2 148yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.3 493yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.4 360yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.5 432yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.6 426yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.7 528yd

 

 

 

 

 

 

 

 

7番 第2打地点

緩やかな下りで、池まで200yd

 

 

 

 

 

 

 

7番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.8 164yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.9 370yd

 

 

 

 

 

 

 

 

9番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

レストランから9番グリ-ンを観る

 

 

 

 

 

 

 

 

No.10 344yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.11 360yd

 

 

 

 

 

 

 

 

グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 

 

No.12 168yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.13 489yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.14 367yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.15 328yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.16 169yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.17 368yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.18 505yd

 

 

 

 

 

 

 

 

18番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

標高400Mに展開するこの18ホ-ルは、池などが美しく配置されていてスリリングなショットが楽しめる。 しかも値段も手頃で、人気があるのは頷ける。

ただ、私のプレ-した日は、サブグリ-ン使用で、池がそれほど効いていないし、距離も短かったのが、残念だった。 それとポンプの故障で天然温泉ではなく、沸かし湯だった。

帰路は、渋滞の発生しやすい関越を避け、北関の太田藪塚IC(コ-スから17km)に出て、岩舟JCTを経て東北自動車道で家まで帰ったら、夕方だったのに2時間足らず140kmで着いた。

 

 

 

NHKスペシャル「知られざる放射能汚染」を見て!

水曜日, 1月 18th, 2012

2012.1.15NHKの「知られざる放射能汚染」は、ショッキングな報道でした。 

東電福島第1原子力発電所の津波事故によって大量に放出された放射性物質が、どのように海洋汚染を引き起こしているかを調査し、報告しています。

大量に冷却用汚染水を放出した原発前の海底が4520ベクレル/kgになっているのは、当然の結果で、30km南に位置する久ノ浜で採取したメバル2300ベクレル、アイナメ1400ベクレルが汚染されているのは、想像していました。

放射性物質が沿岸流に乗って南下しているとして、各地域の汚染を調べてみると南に30kmのいわき沖が300ベクレル、80kmの高萩沖が30~40ベクレル、120kmのひたちなか沖が380ベクレルと距離とは比例せず、複雑です。

180km南の銚子沖が、2011年10月調査で38ベクレル、12月調査で112ベクレルと汚染が進んでおり、変動するので常に調査する必要があります。

一方の湖も赤城大沼が放送され、地上に降った放射性物質が雨で流され、川から湖に流れ込み、大沼の湖底の泥は、950ベクレルとなっていて、そこで採取されたワカサギから660ベクレルを超える放射能が検出されていました。

1986年のチェルノブイリの事故は、25年を経た今でも深刻な淡水魚の汚染を引き起こし、毎年行われる調査でもカワマス等の魚は1000ベクレルを下回りません。 30年の半減期を待つしか方法がないようです。

福島原発の影響は、我々が住む大都市東京にも忍び寄って来ました。

近畿大学山崎教授の指摘通り、関東平野に降った放射能が最終的に東京湾に行き、湾奥の水深10M程度の浅い海で26箇所のサンプリングを行うと、江戸川河口では最大872ベクレルの汚染が確認されました。

これは、コンクリ-ト上に降った放射能が雨で流され、川に集まり、海水と淡水の交わる汽水域で凝集が起るのだそうです。

塩分がセシウムの付いた泥を集めて沈み、底に沈殿するそうです。 この現象が今後進展し、2年2ヶ月後にアクアライン以北の海が深刻な事態となるそうです。

この事は、一都民として、また一人の釣り師として大きな衝撃を受けました。

江戸川河口は、江戸前のアサリの産地だし、アクアライン以北の海は、江戸前のマコガレリやアナゴの好漁場です。 ゴカイを食べるハゼやスズキも深刻な汚染が考えられます。

30年間汚染が続くなら、残りの人生の間には、汚染されていない江戸前の魚は食べられないことになります。 今も江戸川河口でのカレイ釣りは、盛んです。 しかし、この報道が広く行き渡れば、赤城大沼が現在誰も釣りをしないのと同様になるでしょう。

このニュ-スが東京湾の漁業関係者にも大きな衝撃を与えたことと思います。

 

 

 

 

 

 

勝田ゴルフ倶楽部〔茨城〕

金曜日, 1月 13th, 2012

 

 

エントランス

 

 

 

 

PGM運営の勝田GCで、新春勝田オ-プンが開催されるので行きました。

常磐自動車道を使って、西神田からひたちなかICまで123km、ICからコ-スまで5kmと降りては近いのですが、距離が遠いので今まで行けませんでした。 しかし、楽天のクチコミで4.1Pと高く、日本で最初にクレンショ-ベントグラスを導入しており、一度は行ってみたいと思っておりました。 大久保昌の設計で2003年4月開場。

家を出発して、朝焼けを右手に見ながら約90分でコ-スに着いたのですが、この日は今年一番の冷え込みで、到着時の気温-6℃で、予想最高気温5℃のかなり寒い日でした。

幸いよく晴れた日で、風があまり無かったので、体感上はそれほど苦痛ではありません。

受付で組合せ表をもらうとコンペは8組で、私はINの1組目でした。 準備して早速練習環境を見に行くと、100yd 12打席の練習場、パッティンググリ-ン2面、アプロ-チグリ-ンが2面ありました。

 

 

ドライビングレンジ

100yd 12打席

 

 

 

 

 

 

 

練習グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

アプロ-チグリ-ンとバンカ-

 

 

 

 

 

 

今日は、男性レギュラ-ティ-、女性は赤ティ-使用です。 新ペリア方式。

 

 

No.1 493yd Par5

ほぼ真っ直ぐなホ-ル

 

 

 

 

 

 

 

1番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.2 359yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.3 135yd

池越えのパ-3

 

 

 

 

 

 

 

No.4 391yd

 

 

 

 

 

 

 

 

4番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.5 350yd

右ドッグレッグで第1打の位置が重要

 

 

 

 

 

 

 

5番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.6 376yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.7 455yd Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

7番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.8 152yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.9 383yd

 

 

 

 

 

 

 

 

9番グリ-ン

クラブハウスの左手にある

 

 

アプロ-チ練習のグリ-ンと間違えないように注意!

 

 

 

 

No.10 371yd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.11 366yd

 

 

 

 

 

 

 

 

11番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.12 457yd

右ドッグレグのパ-5

 

 

 

 

 

 

 

12番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.13 166yd

池越えの打ち上げのパ-3

 

 

 

 

 

 

 

 

No.14 320yd

右ドッグレッグ

 

 

 

 

 

 

 

 

No.15 146yd

池2つに囲まれたパ-3

 

 

 

 

 

 

 

No.16 296yd

左ドッグレッグ

 

 

 

 

 

 

 

16番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.17 384yd

右が池のホ-ル

 

 

 

 

 

 

 

 

No.18 521yd

 

 

 

 

 

 

 

 

18番グリ-ン

グリ-ン左が池

 

 

 

 

 

 

プレ-の感想は、R.T.から6172ydと少し短めだが、B.T.から6468yd、 チャンピオンティ-からは6870ydとそれぞれのレベルで楽しめるコ-スになっている。

以前は牧場だった土地を利用して造られており、フェアウエ-の芝付きが良い。 またグリ-ンの転がりは抜群で、高いパッティング技術が試される。

グリ-ン周りは、OBが浅く、攻めるなら正確なアイアンショットが求められる。 この日は、グリ-ンが凍っており、特に注意が必要だった。

 

 

ランチバイキング

 

 

 

 

 

 

天ぷら、刺身、炊き込み御飯、カレ-、麺と豊富なメニュ-から選べるバイキングは、スイ-ツも有って、価値のあるランチだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴルフコ-スの評価基準

水曜日, 1月 11th, 2012

私の大先輩の富永眞生氏がGCAジャ-ナルに投稿された「ゴルフコ-スの評価基準」を紹介します。

彼は、内外700箇所以上の名門コ-スをプレ-し、それを自費出版した「ゴルフ人生のフェアウエ-を旅して、素晴らしい世界の仲間たち」に書いておられます。

その評価基準とは?

①ショットバリュ-(距離、正確性、巧緻性)

②スコア抵抗力(スコアつくりの難しさ)

③デザイン・バランス(距離と地形の多様性)

④メモラビリティ(1番から18番までプレ-して各ホ-ルが目に浮かび、記憶にのこる)

⑤エステティック(コ-スの美しさ、額縁のない絵)

⑥コンディショニング(1年中のコ-スの整備状況)

⑦トラディション(ゴルフ史を飾る伝統、歴史的価値)

の7つです。

ゴルフを存分に楽しむには、プレ-ヤ-の技量、満足できるコ-ス、良き同伴競技者が揃わなければできません。 この条件下でプレ-に集中し、満足できる結果が得られた時が最高に楽しめたゴルフとも言えます。

また、設計者の罠に嵌り、コ-スにねじ伏せられて残念な結果だった時も、仲間と19番ホ-ルに行って飲みながら歓談するのもゴルフの楽しみのひとつです。

そして上記の事柄を理解し、一緒に楽しくプレ-できる仲間は、人生の知的財産だと先達は教えています。

私も努力して、コ-スもゴルフも更に理解できるようになりたいと思います。

 

 

富貴ゴルフ倶楽部 (埼玉)

水曜日, 1月 11th, 2012

PGM運営の富貴GCへ、シニア杯に参加するために行きました。

黒沢長夫設計、1992年10月開場。 富ヶ谷⇒東松山IC 71km、ICから6km

 

 

 

田んぼの中に立派なクラブハウスがそそり立つ。

 

 

 

 

 

河川敷にあるコ-スだとは知らず、期待に胸をふくらませて行って見ると、川の堤防の脇に立派なクラブハウスが立っていました。 早く着いたので、練習しようと聞いてみるとドライビングレンジもアプロ-チ場も無く、練習グリ-ンのみとなっていました。

 

 

練習グリ-ン 2面

 

 

 

 

 

 

フラットな地形のため、攻略ル-トに変化を持たせようと11箇所の池を配し、クリ-クを廻らせて戦略性を高めています。 このウォ-タ-ハザ-ドが沢山あることで、水鳥の小さな楽園となり、カモなどを見ることができます。

 

 

No.1 339yd

次打のためには、鉄塔より右が良い。

 

 

 

 

 

 

 

No.2 381yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.3 135yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.4 343yd

右ドッグレッグの名物ホ-ル

第2打 池越え

 

 

 

 

 

 

 

4番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.5 480yd Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

5番

 

 

 

 

 

 

 

 

No.6 299yd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.7 171yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.8 371yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.9 477yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.10 327yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.11 388yd

左には、ずっとクリ-クがあり、右は池で、第1打の落し所が重要

 

 

 

 

 

 

 

11番グリ-ン

グリ-ン左は池

 

 

 

 

 

 

 

 

No.12 285yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.13 127yd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.14 481yd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.15 398yd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.16 312yd

 

 

 

 

 

 

 

 

16番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.17 506yd

 

 

 

 

 

 

 

 

No.18 197yd Par3

 

 

 

 

 

 

 

コンペの結果は、同伴競技者のI氏が8位、N氏が21位、Mさん34位、私はバ-ディ-を取った2Hとパ-3ホ-ルが隠しホ-ルとなり、24位で賞品なし。 残念!

参加者 第2部 62名

 

 

 

 

 

総武カントリ-北コ-ス〔千葉〕

土曜日, 1月 7th, 2012

久しぶりに、総武カントリ-北コ-スに行きました。 12年前は、総武のメンバ-だったので、北コ-スも数回プレ-したことがあります。 今回は、PGMのポイント還元で申込ました。 富澤誠造の設計で1987年12月開場。 コ-スは9Hのみ2999yd Par35。

家から四街道IC経由で64km、60分と近く、アクセスは良好です。

練習環境は全く無い(練習グリ-ンも)ことを知っているので、9:07のスタ-トで8時20分頃に行きました。 気温は、-1℃と寒く、耳あてをしてプレ-することにしました。

 

 

質素なクラブハウス。

9番Hプレ-後、バスでここに戻る

プレ-は歩きで手引きカ-ト使用

 

 

 

 

受付を済ませ、6組目のスタ-トだと知らされて、同伴者にご挨拶すると皆さん、総武のメンバ-で、このコ-スの主のような人たち。 昨日もここをプレ-したようだ。 この日はベントG。

 

 

No.1 303yd

左バンカ-手前がベスト

 

 

 

 

 

 

 

1番グリ-ンからティ-Gを振り返る ベントグリ-ンは左

 

 

 

 

 

 

 

 

No.2 367yd

160ydの谷越えホ-ル

 

 

 

 

 

 

 

2番グリ-ンから振り返る

ベントは右グリ-ン

3番へは、道路を渡る

 

 

 

 

 

 

 

2番G第2打地点から

 

 

 

 

 

 

 

 

[木曾路]の前を通って3番

339yd

 

 

 

 

 

 

 

 

3番グリ-ン

ベントは右グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

3番グリ-ン奥

 

 

 

 

 

 

 

 

No.4 188yd

100ydまで谷のパ-3

 

 

ベントは左グリ-ン

 

 

 

 

4番グリ-ン

ティ-グランドから少し上りになるので気持ち大きめのクラブが良い

 

 

 

 

 

 

 

No.5 552yd Par5

真っ直ぐなフェアウエ-

前方の一本杉の先が残り200yd

 

 

 

 

 

 

5番グリ-ン

ベントは、右グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

No.6 394yd

右ドッグレッグ、160ydの谷越え

ティ-グランドの右に売店(硬貨要)がある

 

 

 

 

 

 

 

6番グリ-ン

鐘は、ティ-グランドから250ydにある

 

 

ベントは左グリ-ン

 

 

 

 

ブラインドHのため、後続組がティ-ショットが打てる状態になると鐘を鳴らして知らせる

 

 

 

 

 

 

 

No.7 144yd

 

 

打ち下ろしで池越え

 

 

 

 

 

7番グリ-ン

ベントは、右グリ-ン

この後、8番ティ-に向かう道が上りで息が切れる

 

 

 

 

 

 

No.8 384yd

やや左ドッグレッグ、ティ-ショットが左に行くとB.G.は狙えない

 

 

 

 

 

 

 

 

8番グリ-ン

ベントは左グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

8番グリ-ンから振り返る

この後、道路を渡って9番ティ-に向かう

 

 

 

 

 

 

 

No.9 328yd

第1打を左林際を狙うとフェアウエ-真中に行く

 

 

 

 

 

 

 

9番第2打地点

ベントは右グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

9番のプレ-を終えるとバスに5分乗ってクラブハウスに帰る

 

 

 

 

 

 

印旛コ-スと隣合わせの1番ホ-ル以外は、隣合わせや折り返すホ-ルが無いので、他からボ-ルが飛んでくることは無い。 自然の起伏に富み、狭いフェアウエ-で、距離が短いとは言え、戦略的で面白いコ-ス。

PGMは、練習ラウンドに最適と言うが、もう少し値段が安いといいね! 1月は3700円/9H。

帰り道に舟戸大橋そばの「川ばた園」で美味しいうなぎに舌鼓を打ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function ereg_replace() in /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/footer.php(1) : eval()'d code:1 Stack trace: #0 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/footer.php(1): eval() #1 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-includes/template.php(722): require_once('/home/comogolf/...') #2 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-includes/template.php(671): load_template('/home/comogolf/...', true) #3 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-includes/general-template.php(76): locate_template(Array, true) #4 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/archive.php(91): get_footer() #5 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include('/home/comogolf/...') #6 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/comogolf/...') #7 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/index.php(17): require('/home/comogolf/...') #8 {main} thrown in /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/footer.php(1) : eval()'d code on line 1