Warning: Use of undefined constant bwt - assumed 'bwt' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/functions.php on line 76
アーカイブ

Archive for 7月, 2009

神楽坂の夏

月曜日, 7月 27th, 2009

今年も7/24・25、神楽坂商店街振興組合の主催で神楽坂まつりが催されました。

先ず中元売り出し中に、商店街加盟店での買い物2000円毎に「神楽坂くじ」が配られ、祭の日に抽選発表が行われます。 特等20万円、1等10万円ですが、過去に5等千円が1回有っただけで、いつも中元賞の20円/枚です。 しかし発表を見るまでは、今年こそ3等1万円くらいは当たっていないかと考えてしまいます。 これもお祭の楽しみです。

お祭りのメインイベントは、阿波踊りです。 新宿区役所のチ-ム、地元神楽坂のチ-ム、厚生年金病院チ-ム、あずさ監査法人チ-ムなど地元だけでなく、目黒銀座からの目銀連、高円寺や高崎などよそからも踊り手やお囃子のチ-ムが多数参加して、その腕を競います。

それを見物するために、神楽坂通りはご覧のように見物人で埋め尽くされ、行き来もままなりません。 毎年のことだから見てもつまらないと思っていても、鐘や太鼓のお囃子と「やっと、やっとな!」の掛け声を聞いていると自然に心が弾みます。 未だ見たことがない人は、来年一度見に来てください。

cimg4088e7a59ee6a5bde59d82e381bee381a4e3828a

ホウライカントリ-倶楽部〔栃木〕

土曜日, 7月 18th, 2009

以前からプレ-してみたいと思っていたホウライカントリ-に行く事ができました。 日本ゴルフツア-選手権を開催していたコ-スだったし、「海・池が美しいコ-ス」のベスト3位[ゴルフ場のグランプリ]講談社発行に選ばれていたからです。 当日は、予想されていた雨も降らず、朝7:30にコ-スに到着すると金曜日だと言うのに、駐車場にたくさんの他県ナンバ-の車があるし、ぞくそくと若い人が到着するので、おどろいてしまいました。 横浜ナンバ-の人は、約200kmを朝出発で来たのだろうかと考えながらチェックインを済ませました。

 

ロッカ-で着替えを済ませて練習場へ行くと300yd20打席の広大な練習場があり、その脇にはバンカ-とアプロ-チができる練習グリ-ンも設置されています。 30球/箱のコインを買って、軽く肩ならしをしてからOUTの1番ホ-ルに向かうとキャディ-さんが待っていてくれました。

コ-スでの注意事項を聞いて、前の組に続いてティ-インググラウンドに立つとスタ-トホ-ルはゆるやかな右ドッグレッグ。 左右をみるとラフの先に赤杭が続いています。

このホ-ルは、左右OBは無く、全てラテラルウォ-タ-ハザ-ドの処理をするそうです。 これはダッファ-に優しい処置ですね。 コ-スは、雄大で美しく、さすが[光と影の魔術師]ロバ-ト・ボン・ヘギ-の傑作と言われるのも頷けます。ゴルフの基本技術には、「弾道」「曲がり」「距離」の3要素がありますが、設計者はプレ-ヤ-のこの3つの技術を試す挑戦を仕掛けているそうです。

8番Par5のようにグリ-ン周囲を全てバンカ-に囲まれたホ-ルや、10番Par5ダブルドッグレッグのホ-ルは、第1打が左の池を避け、第2打はクリ-ク越えで、第3打は右の池に注意してグリ-ンを狙うショットが必要です。 続く11番Par4は第1打をフェアウェ-に置き、セカンドは浮島グリ-ンへの正確な距離感と高い弾道が求められます。 18番は難易度ナンバ-ワンのホ-ルで、第1打を230yd打ち、そこからフェ-ド系の球で池越えにグリ-ンを狙う必要があります。

このように各ホ-ルに特色があり、那須連山を仰ぐ赤松林の中で、自分の技術を100%引き出すことが求められ楽しめます。 緊張を伴うショットでパ-オンに成功し、私はほっとして、10番、11番をいずれも3パットのボギ-としてしまいました。 グリ-ンはうねりがあり、速さもまちまちで初挑戦の私には読みきれませんでした。

また、プレ-を終えたあとの千本松温泉は、素晴らしく、プレ-した人は無料(貸しタオル200円)。私が男風呂に入るとたまたま誰も客がいなくて、極上の時間を過ごすことができました。 次回チャンスがあれば、姉妹コ-スの西那須野カントリ-とセットでプレ-してみたいと考えています。

 

imgp1027imgp1023e3839be382a6e383a9e382a49e795aa

金洲での釣り

水曜日, 7月 15th, 2009

cimg4067e382a4e382b5e382ad7/14久々に御前崎まで遠征釣りに出かけました。 片道約240km、4時半の集合時間に合わせて、午前1時に自宅を出発。 夜中は空いていると高をくくっていたのですが、首都高で5箇所の工事があり、東京ICまで45分かかってしまいました。 東名に入ってからも秦野中井が事故渋滞など、思うように遅れを取り戻せず、停泊場に4時過ぎの到着となりました。 今日の客は8名と聞いていたのですが、周りを見渡すと人数が多そうです。 女将さんに確認すると3名の追加で11名との事、この船土日は満員(12名)だし、平日何時来ても10名以上乗っていて、空いていたことがないほど人気です。

席のクジを引いて、3番なので喜ぶと船長から、ミヨシは「泳がせ」だからと右舷の胴の間を指定されました。 右舷ミヨシから3人は、イカ釣りの経験がないそうで、「今日は、結果が思いやられる」と観念した次第です。最初の90~120分は、泳がせの餌を獲るためにスルメイカ釣り。私の右隣2人はイカ釣りが好きではない様子で、早速私とオマツリでした。 イカを2~10尾釣ったら、8時ごろ移動の合図が出て、船が走り出しました。 1時間ほど走ると、遠くに僚船が見えるところで旋回し、いよいよ戦闘開始となりました。

100号の鉄仮面にオキアミを詰め、ハリス8号の先にイカ下足を付けて、カンパチを釣ろうと底からシャクリ上げましたが、しばらくやってみてもなんの反応もありませんでした。 この仕掛に見切りをつけ、6号6Mの3本針に換えて指示タナ40Mで待っていると突然ゴンと竿先が突っ込み、素早く応戦すると50cmのマダイが釣れていました。 食った針は丸セイゴ17号フラッシャ-です。 右舷艫にも3kg弱のマダイが釣れたので、よし今だと気合を入れて、オキアミを詰めて再投入すると先ほどよりもっと大きなアタリがあり、ドラグより糸が猛烈に出て行きました。 シマアジ等の青物でも30M位糸を出すと、一度止まりますが、こいつは50M過ぎても全く勢いが衰えません。 どうも魚ではないようです。 経験から推測すると鮫ならもう少しどんよりとした鈍い引きなのですが、これは最初から鋭い引きで猛烈な走りです。 シイラならそろそろ跳ねるとか変化があるはずなのに、100M引き出しても走りが変わりません。 天秤・鉄仮面を失うと釣りができなくなるので、糸が150M出たところでスプ-ルにブレ-キを掛けましたが、走りに変化がないので、怪魚(動物?)の向きを変えようとした時、ぷっつりとハリスが切れてしまいました。

回収して確認すると赤FPをつけた先針が無くなっていました。 周りでジャンボイサキが釣れ出したので、4号6Mに換えてイサキ釣りに参入しましたが、私に釣れるのは赤イサキばかり、いくらタナを変え、誘いを掛けても赤イサキか40cmのサバ。 姫鯛が1尾後ろで上がりましたが、期待していた青鯛、ウメイロなどの高級魚や青物は誰にも釣れません。 12時が過ぎて、コマセも少なくなり、諦めかけていた時、鋭いイサキ独特のアタリが来て、36cmと39cmの大イサキが一荷で釣れました。 直ぐに投入し直して、タナ35mで待っていると私のレコ-ドの42cm(写真)の大イサキが釣れました。

これが当日の最後の獲物となり、沖上がりの12時50分を迎えました。次回は、是非青物を釣ってみたいと仕掛けを検討しています。

アナゴ釣り

月曜日, 7月 13th, 2009

5月9日に日中アナゴ釣りに行き、ボウズ。6月9日夜アナゴに挑戦して3尾。今年のアナゴ釣りは、厳しい釣果です。 しかし7月4日には、トップが19尾を記録したとの情報で、7/11行徳橋の大城屋で出漁しました。 午後5時出船で「4時半までに来て下さい」と言われたが、良い釣り座を確保したいと3時過ぎに船宿に到着すると、既にミヨシ左右、艫左右に右艫2番に客が来ていました。 朝から通しの客が3人いるそうで、私は6番目。アナゴの人気の高さを再認識させられました。

お金を払って、左艫2番の席を確保すると、今度は駐車場探しに苦労しました。 今日こそは、10尾以上の成果をあげて、家族に腹いっぱいの美味しい白焼きを食べさせてやりたいと仕掛けを工夫し、特エサを用意していました。 船は定時に出発し、1時間かけてポイントのアクアライン手前に到着し、船先を北に向け、投錨しました。 中潮で満潮が19時52分、潮は当初ミヨシに流れるかと思ったら、川のように艫へ流れて、15号の錘では糸ふけが気になるので、20号に変更し再投入しました。 竿は大江戸アナゴ、リ-ルはチヌジャッカ-を2セット出して、左手にハリスの短い仕掛、右に自作の2本針仕掛で実釣開始です。 ほどなく投げて、ゆっくりさびいて誘っていた右手に「もぞっ!」とアタリがあり、ぐいと鋭く合わせると強烈な引きがきました。 糸を巻き始めると締め込みが強く、「これはアナゴではないな!」と思わせるほどです。 しかし25Mの海底から顔を見せたのは、うれしい事に50cmを裕に越える大アナゴ。 船中第1号です。 30分しても他の人にはアタリが無く、場所換えとなりました。 7時を廻ったころから、ポツリポツリとアタリがあり、私にも待望の2尾目が来ました。 これも良形で45cmはありそうです。 7時半頃「コツン」とアタリがあり、素早く合わせたのですが、空振り。 2本針なので、そのままにして様子を伺うと再度アタリがあり、今度は根掛かりのような状態からアナゴ特有の引きに変わり、40cmを追加しました。 しかし、アタリは少なく、未だ客の半分は釣れていないようです。 私も懸命に4尾目を釣ろうと針に鰯切り身を付けたり、青イソメをふんだんに付けたりして、アピ-ル度を高めるのですが、結果がでません。

8時半を廻って最後の場所換えをした直後、投げて誘っていた右の竿に大きなアタリが来ました。 グイグイと強く引き、ハリスが切れないかと心配するほどです。 釣り上げてみると60cm近い大物、船長が捌いて、背骨を取って私に渡そうとしたその時、彼の親指にアナゴが噛み付き、「イテテテテ!」と声を出す始末となりました。 釣りたてで元気な大アナゴだから、まだそんな元気が残っていたのです。 驚き! これで本日の釣りが終了となり、片付けとなりました。 9人の釣果は、0~5尾で左ミヨシがトップでした。

アナゴ名人教えてください。 潮はミヨシから艫に流れていたのに、私の左手には、1尾も釣れず、右手の竿ばかり何故アタリが有ったのでしょうか? 左艫の客も私の右客もボウズでした。 左竿のエサは、青イソメと鰯切り身の両付け、右竿は2本針に鰯と秋刀魚をそれぞれつけました。 アナゴ釣りは終盤を迎えていますので、出来れば来週もう一度今期最後の挑戦をしたいと思います。

ジュン・クラシックカントリ-クラブ〔栃木〕

月曜日, 7月 13th, 2009

ゴルファ-の評判が良く、リピ-タ-が多いと聞くジュンクラシックをプレ-しました。

せっかく矢板の先まで行くのなら、泊りがけでゴルフ三昧にしようと昼に現地入りし、コ-ス内にある[田舎家]で食事をすることにしました。 評判通りサラダバ-やお新香食べ放題で、ソフトドリンク(コ-ラ、ウ-ロン等)も無料なのに、料理の値段が手頃で割安感があります。 食後は、チェックイン開始が3時なので、時間潰しを兼ねてショ-トコ-スを廻ることにしました。ジ-ン・サラゼン エグゼキュ-ティブコ-スと名づけられたPar3が12ホ-ルあり、宿泊客で翌日プレ-の客には無料で開放されています。料金4200円/土日祝

 

これが62~193ydの12ホ-ル1319ydで、谷あり、池ありで美しく、侮れないコ-スに仕上がっていて楽しめます。 グリ-ンは重く、パットは本コ-スとは異なりますが、前後に他の客もいない静かな空間を妻と二人で占有して、1.5ラウンドしてしまいました。 写真1は4番113yd池越え

 

しっかり汗を流してから、ホテル[フォレストイン]にチェックインしたら、部屋に「トミ-中嶋」と書かれていて、入口側が「青木ファミリ-」、その隣が「尾崎兄弟」となっていました。 このコ-スは、1999年まで男子ツア-が開催されていて、その時彼らが泊まった部屋を記念としているのです。 ちなみに最後の年は、飯合プロの優勝でした。 ロッジ浮舟では、ひのき風呂が24h利用可能ですが、先ずは部屋のシャワ-で綺麗になって、夕食は、イタリアンレストラン[ベビ-フェイス]に繰り出しました。 インのスタ-トホ-ルを眼下に眺め、暮れ行くコ-スを見ながらのピザとジュンオリジナルワインは格別でした。

 

部屋は、カ-テンでベットが仕切れるようになっていたので、私の方は朝早く目が覚めたのですが、妻の安眠を妨害せずに済みました。 いよいよ二人は、かってのト-ナメントコ-スでプレ-をしてみると、コ-ス設計が良く[サラゼン監修]、気持ち良くプレ-することができました。 当日は、山吹コ-スをプレ-したのですが、女性ゴルファ-の飛距離を考慮して、ティ-インググラウンドが100yd以上前にあるホ-ルもあり、シニア・レディ-スにも好評なのが理解できます。 飲み物は、4・6・8・12・14・17番で飲めるようにしてあり、ソフトドリンクは無料、14番茶店は有人で、トコロテンのサ-ビスもあります。

250ydの練習場と50ydのアプロ-チ場があり、ロペ倶楽部と同様、合宿地の定番と言われるのも頷けます。

写真2は、18番523yd写真2写真1


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function ereg_replace() in /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/footer.php(1) : eval()'d code:1 Stack trace: #0 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/footer.php(1): eval() #1 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-includes/template.php(722): require_once('/home/comogolf/...') #2 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-includes/template.php(671): load_template('/home/comogolf/...', true) #3 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-includes/general-template.php(76): locate_template(Array, true) #4 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/archive.php(91): get_footer() #5 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include('/home/comogolf/...') #6 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/comogolf/...') #7 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/index.php(17): require('/home/comogolf/...') #8 {main} thrown in /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/footer.php(1) : eval()'d code on line 1