Warning: Use of undefined constant bwt - assumed 'bwt' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/functions.php on line 76
アーカイブ

Archive for 6月, 2012

ゴルフ場からの富士山(山梨)

金曜日, 6月 29th, 2012

 

西桂町バス停から見た富士山

 

 

 

 

 

 

富士山を見ながらゴルフをプレ-するのは、ゴルファ-の大きな楽しみのひとつです。

富士山の見えるコ-スに行っても、雨だったり、雲が出ていたりして、天気が良くても実際に富士山が見えるのは、朝のほんの一時で、プレ-を楽しみながら富士山見物は実は運が良くないと出来ないのが、実情です。

私も今まで、静岡県や山梨県で富士山が見えると言われているコ-スでプレ-したのですが、18番ホ-ルを終える時まで、眺望を楽しめたことはありませんでした。

それが、今回、富士桜CCと鳴沢GCでは、プレ-中ずっと眺望を楽しむことができたのでレポ-トします。

 

 

 

富士桜CCの練習場 260yds

富士に向かって、思いっきり飛ばせます

 

 

 

 

 

 

 

富士桜5番ホ-ルからの富士

 

 

 

 

 

 

 

 

富士桜13番

 

 

 

 

 

 

 

 

富士桜16番

 

 

 

 

 

 

 

 

富士桜18番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルレジ-ナ河口湖の部屋から見える富士

 

 

 

 

 

 

 

 

鳴沢GC クラブハウス前の富士

 

 

 

 

 

 

 

 

鳴沢GC 8番 パ-3

富士に向かって打つ池越えのパ-3

 

 

 

 

 

 

 

鳴沢GC 9番グリ-ンを18番から見る

 

 

 

 

 

 

 

 

鳴沢GC 18番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

夕陽の映える富士

 

 

 

 

 

 

ゴルフをしながら、これだけ撮影できたのは、幸運でした。

 

鳴沢ゴルフ倶楽部(山梨)

金曜日, 6月 29th, 2012

せっかく河口湖まで来たので、一泊して翌日、有志で鳴沢GCを見学することにしました。

取ってもらったのが、ホテルレジ-ナ河口湖(電話0555-20-9000)です。 ここの部屋からも朝富士山が正面に見えます。

 

 

ホテルからコ-スまで7kmほどでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

クラブハウス

駐車場から撮影

 

 

 

 

 

 

 

練習グリ-ン

ドライビングレンジは、250ydsが14打席あるそうですが、時間がなく、見ていません。

30球/420円

 

 

 

 

 

No.1の脇にあるバンカ-練習場

 

 

 

 

 

 

このコ-スは、標高1100mに位置し、夏でも涼しく、楽天クチコミ4.7Pと人気です。 設計は、塩田勇昭で、監修ブライアン・ジョ-ンズで1993年5月開場です。 プレ-は、歩きとなります。

 

 

No.1 517yds Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

1番 グリ-ン

グリ-ン左が池、手前にクリ-クがあります

 

 

 

 

 

 

 

No.2 350yds

左は1番H

 

 

 

 

 

 

 

2番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.3 181yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.4 346yds

 

 

 

 

 

 

 

 

4番 第2打

 

 

 

 

 

 

 

 

No.5 490yds Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.6 384yds

 

 

 

 

 

 

 

6番第2打

 

 

 

 

 

 

 

 

No.7 398yds

打ち下ろしのミドル

 

 

 

 

 

 

 

7番第2打 池越え

 

 

 

 

 

 

 

 

7番グリ-ンから振り返る

富士山

 

 

 

 

 

 

 

No.8 138yds

富士山に向かって打つ、池越え

 

 

 

 

 

 

 

No.9 425yds

 

 

 

 

 

 

 

 

9番第2打

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

クラブハウス側から9番を見る

 

 

 

 

 

 

 

 

クラブハウスに戻るときに見える富士

 

 

 

 

 

 

 

 

No.10 160yds

左に池のあるパ-3

 

 

 

 

 

 

 

No.11 365yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.12 494yds Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

12番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.14 337yds

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.15 337yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.16 174yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.17 363yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.18 490yds Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

18番 第2打

 

 

 

 

 

 

 

 

18番グリ-ンと池

 

 

 

 

 

 

富士山が美しく、コ-スの状態も良いので楽しめた。 運営は、随縁グル-プで、ボ-ルマ-カ-も犬。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富士桜カントリ-倶楽部(山梨)

金曜日, 6月 29th, 2012

GCAの研修会があり、フジサンケイクラシック開催コ-ス(2005年~)として有名な富士桜CCに行きました。

 

 

 

クラブハウス

 

 

 

 

 

 

 

家から中央自動車道を河口湖ICで降り、そこから5kmと近いので117km、90分の道程でした。 梅雨にもかかわらず、好天に恵まれ、途中西桂町や富士吉田のバス停で霊峰富士を撮影しながら、旅行気分での到着です。

このコ-スは、富士山を背に河口湖を望める絶好の立地に、1975年10月、三好徳行の設計で6593ydsで開場していますが、その後、運営会社富士観光開発の社長志村和也の設計で7397yds、パ-72に改造されました。  ト-ナメントは、7437yds、パ-71で行われます。

 

 

 

富士山に向かって打つ、素晴らしいドライビングレンジ

260yds 20打席

35球/525円

 

 

 

 

 

 

バンカ-練習場

レンジの右隣

 

 

 

 

 

 

 

練習グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

富士北麓の標高1000mに展開するコ-スの美しさともう一つの特色は、グリ-ンにあります。 ニュ-ベントA2の芝は、我々がプレ-する時でもト-ナメント仕様と同じ11ft(刈高3.3mm)の速さです。 ト-ナメントの時は、更に13ftに仕上げます。

また、グリ-ン傾斜の複雑さです。 富士山から順目とか単純には、読めません。 パッティングラインが上っているように見えて下っていたり、フックに見えるのにスライスだったりで、キャディ-に聞かないと頭が混乱します。

プレ-期間は、4月から12月の9ヶ月です。 ベストの時に、一度プレ-することをお勧めします。

 

 

 

No.1 337yds

 

 

 

 

 

 

 

 

1番 グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.2 158yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.3 462yds Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

3番を振り返る

 

 

 

 

 

 

 

 

No.4 128yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.5 483yds Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

5番 第2打

 

 

 

 

 

 

 

 

5番から見える

 

 

 

 

 

 

 

 

No.6 497yds Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

6番 第2打

 

 

 

 

 

 

 

 

No.7 153yds

 

 

 

 

 

 

 

 

7番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.8 392yds

 

 

 

 

 

 

 

 

8番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.9 370yds

 

 

 

 

 

 

 

 

9番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.10 404yds

 

 

 

 

 

 

 

 

10番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.11 421yds

 

 

 

 

 

 

 

 

11番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.12 333yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.13 172yds

 

 

 

 

 

 

 

 

13番からの富士

 

 

 

 

 

 

 

 

No.14 360yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.15 517yds Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

No.16 155yds

 

 

 

 

 

 

 

 

16番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.17 496yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.18 372yds

 

 

 

 

 

 

 

 

18番グリ-ンと富士

 

 

 

 

 

 

 

 

クラブハウスから18番

 

 

 

 

 

 

フェアウエ-は、ベントグラスL93を使っているため、草鞋のようなタ-フが取れた。

食事は、今ひとつだが、富士とコ-スの美しさを堪能した一日だった。

 

 

 

 

 

富岡ゴルフ倶楽部(群馬)

日曜日, 6月 24th, 2012

優待券が手に入ったので、富岡GCに行きました。 近くにPGM運営の富岡CCや富岡倶楽部があるので、紛らわしいのですが、評価の一番高いのが富岡GCです。 4.5P

家から外環自動車道⇒関越道⇒上信越道と走って、富岡ICを降りてからは7kmと近く、ゆっくり走って約2時間弱の行程でした。

設計は、工藤定雄、井田 毅で、1991年8月の開場です。

 

 

 

クラブハウス

 

 

 

 

 

 

 

 

ドライビングレンジ 100yds

30球/310円

 

 

 

 

 

 

 

アプロ-チ&バンカ-

土曜日なのに誰もいなかった

 

 

 

 

 

 

 

練習グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.1 508yds Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

1番 第2打地点

 

 

 

 

 

 

 

 

1番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.2 153yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.3 369yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.4 472yds Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

4番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.5 342yds

左にややドッグレッグする

 

 

 

 

 

 

 

5番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.6 185yds

茶店横

 

 

 

 

 

 

 

No.7 356yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.8 378yds

右ドッグレッグで第1打の狙いをどこにすべきか?

 

 

 

 

 

 

 

8番 第2打付近

 

 

 

 

 

 

 

 

No.9 357yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.10 508yds Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

10番 第2打地点

 

 

 

 

 

 

 

 

No.11 391yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.12 361yds

 

 

 

 

 

 

 

 

12番 第2打

 

 

 

 

 

 

 

 

No.13 471yds Par5

右にドッグレッグするパ-5

左の池、右のOBを警戒

 

 

 

 

 

 

No.14 182yds

谷越えのパ-3

 

 

 

 

 

 

 

No.16 182yds

池越えのパ-3

 

 

 

 

 

 

 

No.17 366yds

左ドッグレッグで第1打の落とし所が問題、左の池に捕まる

 

 

 

 

 

 

 

 

17番第2打地点

 

 

 

 

 

 

 

No.18 366yds

 

 

 

 

 

 

 

 

18番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

梅雨にも拘わらず、好天に恵まれ、上州の山に向かって打つショットは気持ちが良かった。 各ホ-ルは、個性があり、特に8番と17番はどこを狙うべきか戸惑った。

駐車場には、雨と暑さ対策で屋根がつけてあり、室内が焼けていなくて助かった。 また、ロッカ-も上質で、広く、風呂場も清潔でゆったりとして、寛げる。 遠くても、また行きたくなるコ-スです。

 

 

 

 

 

 

 

アドニス小川カントリ-倶楽部(埼玉)

水曜日, 6月 20th, 2012

知人からお誘いがあり、アドニス小川CCに行く事にしました。 Adonisとは、福寿草のことで小川町の町花になっているそうです。

このコ-スの運営は、オリックス・ゴルフ・マネジメントで、設計は大成建設、開場は1994年6月です。 楽天クチコミ3.8P GDO 3.5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飯田橋から嵐山小川ICまで74km、ICから7kmと近く、約1時間の行程です。 支配人の気まぐれ日で、昼食付き6千円は破格の安さです。

台風4号の接近で、昼過ぎから雨の予報でしたが、コ-スから秩父連山、榛名山、赤城山、日光連山を望むと書いてあり、景色も楽しみでした。

ところが、同伴競技者の一人が竜神のように雨を呼ぶ人で、今年プレ-の8割が雨だったそうです。 この人の霊力で、スタ-ト後まもなくポツリと雨が降ってきました。 この程度の小雨なら暑くなくて良いと言っていたら、4Hから本降りとなり、途中で合羽を着ることとなりました。 そのため写真もくもっていたり、ピンボケだったりしています。

 

 

10yd足らずの練習場、5打席

但し、無料解放が嬉しい

 

 

 

 

 

 

 

OUTの練習グリ-ン

アプロ-チやバンカ-は有りません

 

 

 

 

 

 

 

INの練習グリ-ン

スタ-トハウスの左からOUT、右からINスタ-トです

 

 

 

 

 

このコ-スは、小高い丘に造られていて、クラブハウスから乗用カ-トで出発し、しばらく坂を登るとスタ-トハウスがあります。 そこからOUTは左に出て、各ホ-ルを左に周りながらプレ-し、なだらかに降りてきてクラブハウスの戻り、INは右に出て、各ホ-ルを右に周りながらプレ-してクラブハウスに辿り着く仕組みです。

 

 

No.1 345yds

 

 

 

 

 

 

 

 

1番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.2 142yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.3 489yds Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

No.4 334yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.5 360yds

親子のシカが1番G方向に横切った

 

 

 

 

 

 

 

No.6 329yds

雨が酷くなってきた

 

 

 

 

 

 

 

No.7 509yds Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

No.8 165yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.9 340yds

 

 

 

 

 

 

 

 

9番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

クラブハウスで昼食を食べたが、とんかつの肉が硬く、味は今一だった。

 

 

No.10 329yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.11 473yds Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

11番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

No.12 391yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.13 475yds Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

No.14 143yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.15 395yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.16 138yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.17 338yds

 

 

 

 

 

 

 

 

No.18 315yds

赤丸の的に向かって打つ

 

 

 

 

 

 

 

18番グリ-ン

2階レストランからの眺め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土浦カントリ-倶楽部(茨城)

土曜日, 6月 16th, 2012

一人予約で土浦CCに行きました。 経営は、数年前に土浦開発からアコ-ディアに変わっています。 陳 清水の設計で、1962年11月開場ですから、今年50周年になります。

家からコ-スまで西神田からつくばJCT経由稲敷ICでおり、5kmほど細い道を走って87km、80分でした。

 

 

道路の反対側にある駐車場

入口でバッグを降ろし、どこに停める所があるのかと戸惑った。

 

 

 

 

 

 

 

クラブハウス

楽天クチコミ 3.6P

 

 

 

 

 

 

 

練習グリ-ンは、2箇所あるが、もう一方は閉鎖中だった

 

 

 

 

 

 

 

 

ドライビングレンジ 180yds

14打席

コインは、マスタ-室で販売

 

 

 

 

この日の気温は、19~23℃で東の風が3~5M. Aグリ-ン使用で、4.0mmカット、8.5ftの速さだった。

ヤ-ド杭の距離は、センタ-までの距離で、ピンの旗色が青は奥、白色は中央、赤

色は手前を表す。 好天のため、カ-トのフェアウエ-乗り入れOKだった。

 

 

東 No.1 505yds Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

東 1番 第2打

 

 

 

 

 

 

 

 

東No.2 360yds

 

 

 

 

 

 

 

 

東2番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

東No.3 155yds

 

 

 

 

 

 

 

 

東 No.4 420yds

 

 

 

 

 

 

 

 

東No.5 200yds

 

 

 

 

 

 

 

 

東No.6 505yds Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

東6番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

東No.7 335yds

 

 

 

 

 

 

 

 

東No.8 370yds

 

 

 

 

 

 

 

 

東No.9 365yds

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチメニュ-のひとつ

天丼&ソバ

注文後出来上がれば、端末が鳴る

 

 

 

 

 

 

ハシや味噌汁はセルフで!

 

 

 

 

 

 

 

 

西No.1 435yds

 

 

 

 

 

 

 

 

西No.2 395yds

 

 

 

 

 

 

 

 

西2番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

西No.3 490yds Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

西3番 第3打

 

 

 

 

 

 

 

 

西3番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

西No.4 135yds

 

 

 

 

 

 

 

 

西No.5 325yds

 

 

 

 

 

 

 

 

西No.6 140yds

 

 

 

 

 

 

 

 

西6番

 

 

 

 

 

 

 

 

西No.7 355yds

 

 

 

 

 

 

 

 

西No.8 350yds

 

 

 

 

 

 

 

 

西No.9 495yds Par5

 

 

 

 

 

 

 

 

西9番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西太后の夏の離宮

水曜日, 6月 13th, 2012

イ-フ-ユエンと呼ばれる中国庭園で、北京の北西15kmに位置する。

 

入口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界遺産登録証とガイドの呉さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏香閣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽寿堂

 

 

 

 

 

 

 

十七孔橋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敷地総面積290万平方メ-タ-の内、毘明湖(人造湖)が4分の3を占める。

清代に今の形に整備され、離宮として使われていたが、1860年英仏連合軍により破壊された。

西太后の時代に光緒帝の名で避暑地として再建されたが、資金は北洋艦隊を整備する海軍予算を流用したと言われ、再建が清朝の滅亡を早めたとも言われる。

 

天安門広場・故宮(紫禁城)

水曜日, 6月 13th, 2012

 

天安門広場にある人民英雄記念碑とデジタル案内板

 

 

 

 

 

 

 

沢山の観光客で賑わう広場

収容能力100万人

 

 

 

 

 

 

天安門の前の噴水

 

 

 

 

 

 

 

毛沢東の肖像は、毎年補修される

門をくぐると中山公園

 

 

 

 

 

午門に向かう

 

 

 

 

 

 

 

午門

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太和門

左に書画館、右に陶器館がある

 

 

 

 

太和殿

 

 

 

 

 

 

 

 

保和殿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修復されて極彩色を取り戻している

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防火用貯水釜

下に薪を入れるところがある

 

 

 

 

 

 

執務室

 

 

 

 

 

 

 

寝室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出口から見える景山公園

 

 

 

 

 

 

 

神武門

天安門からここまで一方通行

 

 

 

 

 

角楼&筒子河

 

幅52Mの護城河

故宮は南北に961M。東西に753M

 

 

 

 

明の成祖永楽帝が南京から北京に遷都してから、愛新覚羅溥儀(ラストエンペラ-)まで王宮として使われた。

風水で天壇公園が龍の頭であり、故宮が胴体、鳥の巣が龍の尾と言われる。

オリンピック用に建てられた鳥の巣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京劇(梨園劇場)

水曜日, 6月 13th, 2012

初めて京劇を見る機会がありました。 午後7時半から9時までで、演目は覇王別姫、

楊家将、楊貴妃、題名無名の暗闇で二人が争うもの4目でした。

 

着替えを見せてくれます

 

 

 

 

 

 

 

覇王別姫

項羽と虞美人の別れ

 

 

 

 

 

 

 

 

真っ暗闇で対決する二人

 

 

 

 

 

 

 

 

将軍楊家の4男が敵国の姫を嫁にしたが、望郷の念で一時帰国する

 

 

 

 

 

 

 

玄宗皇帝を待つ楊貴妃

 

 

 

 

 

 

 

黄色は、皇帝の色

 

 

 

 

 

 

 

フィナ-レは、全員出て挨拶してくれます

 

 

 

 

 

髭の色(黒/灰/白)で年齢を表し、鞭を持てば乗馬中、化粧により様々なことを伝える中国の伝統芸術。 言葉は理解できないが、見て楽しめる。

 

北京訪問(天壇公園・明の十三陵)

水曜日, 6月 13th, 2012

久しぶりに愛人と北京旅行に出かけました。 移動日を含む3泊4日の旅で、ショッピングをしながら5つの世界遺産を2日間で周る忙しい日程です。

 

明の十三陵入口

天寿山の麓に明の第3代から第17代までの陵墓が点在している

これは第13代皇帝の墓で地下27Mに5つの石室がある

 

 

 

 

地下世界の入口(石碑の前にある穴)

死後の世界で閻魔様に渡すお金を沢山の人が置いている

 

 

 

 

 

万暦帝と二人の后の棺(レプリカ)

本物は、墓を開けたら酸化して直ぐに腐ったそうです

保存方法を確立するまで他の墓は、手を付けないそうです。

棺の間に石が幾つか置かれているが、本物の翡翠の原石!

魔よけのためと言われてます

 

 

 

天壇公園

 

 

 

 

 

 

 

風水上もっとも重要な位置に建てられていて、明・清の皇帝が五穀豊穣を天に祈った場所

祈年殿

 

 

 

 

 

 

図面

 

 

 

 

 

 

 

中国を代表する書道家

愛新覚羅溥傑の子孫でNHKにも出演したことがある

 

 

 

 

 

 

 

北京動物園 パンダ館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンダの絵が書かれたNH956

この飛行機で帰国の途に!

3時間35分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function ereg_replace() in /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/footer.php(1) : eval()'d code:1 Stack trace: #0 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/footer.php(1): eval() #1 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-includes/template.php(723): require_once('/home/comogolf/...') #2 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-includes/template.php(672): load_template('/home/comogolf/...', true) #3 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-includes/general-template.php(76): locate_template(Array, true) #4 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/archive.php(91): get_footer() #5 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-includes/template-loader.php(106): include('/home/comogolf/...') #6 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/comogolf/...') #7 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/index.php(17): require('/home/comogolf/...') #8 {main} thrown in /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/footer.php(1) : eval()'d code on line 1