北京訪問(天壇公園・明の十三陵)

久しぶりに愛人と北京旅行に出かけました。 移動日を含む3泊4日の旅で、ショッピングをしながら5つの世界遺産を2日間で周る忙しい日程です。

 

明の十三陵入口

天寿山の麓に明の第3代から第17代までの陵墓が点在している

これは第13代皇帝の墓で地下27Mに5つの石室がある

 

 

 

 

地下世界の入口(石碑の前にある穴)

死後の世界で閻魔様に渡すお金を沢山の人が置いている

 

 

 

 

 

万暦帝と二人の后の棺(レプリカ)

本物は、墓を開けたら酸化して直ぐに腐ったそうです

保存方法を確立するまで他の墓は、手を付けないそうです。

棺の間に石が幾つか置かれているが、本物の翡翠の原石!

魔よけのためと言われてます

 

 

 

天壇公園

 

 

 

 

 

 

 

風水上もっとも重要な位置に建てられていて、明・清の皇帝が五穀豊穣を天に祈った場所

祈年殿

 

 

 

 

 

 

図面

 

 

 

 

 

 

 

中国を代表する書道家

愛新覚羅溥傑の子孫でNHKにも出演したことがある

 

 

 

 

 

 

 

北京動物園 パンダ館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンダの絵が書かれたNH956

この飛行機で帰国の途に!

3時間35分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 文化 パーマリンク