Warning: Use of undefined constant bwt - assumed 'bwt' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/functions.php on line 76
アーカイブ

Archive for 10月, 2017

勝浦ゴルフ倶楽部(千葉)

火曜日, 10月 31st, 2017

台風22号が前夜通り過ぎたばかりの勝浦ゴルフに行きました。 関東を通り、勝浦にも強風警報が出ていたので、コ-スに朝確認の電話を入れてからの出発です。

アクセス方法は、自宅からアクアライン経由圏央道・市原鶴舞ICまで73km、60分。 そこからコースまで23kmが30分の計90分掛かります。 しかし、白浜町の家からは70km弱ですが、高速道路が無いので100分必要です。

 

 

 


 

菅 邦欣の設計で1976年5月開場 27ホ-ル

さくら3325y、つつじ3375y、さつき3210y 楽天4.0

未確認ですが、ホテル三日月の関連会社と思われる

 

 

 

 

 


 

アプローチ&バンカ-場 最大30ydsまで

 

 

 

 

 

 

 


 

練習グリ-ン

ドライビングレンジは、ありません

 

 

 

 

 

 


 

ハロウィンが近いので、ハロウィンの飾りつけとコンペが開催中です。

この日は、ソフトドリンク付きバイキングデ-でした。 食事は、良い!

 

 

 

 

 

 

ナビ機能付き電磁誘導式カ-トでのプレ-です。 この日は、つつじコ-スがクロ-ズでした。さくらスタ-トに変更。

 

 


 

さくらNo.1 345yds

 

 

 

 

 

 

 


 

さくら1番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

 

1番グリーンから振り返る

 

 

 

 

 

 


 

No.2 375yds

 

 

 

 

 

 

 


 

2番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

2番グリーン方向

 

 

 

 

 

 

 


 

2番グリーンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.3 130yds

 

 

 

 

 

 

 


 

3番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.4 305yds

 

 

 

 

 

 

 


 

4番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

4番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.5 570yds Par5

 

 

 

 

 

 

 


 

5番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

5番第3打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

5番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.6 350yds

 

 

 

 

 

 

 


 

6番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

6番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 


 

No.7 350yds

 

 

 

 

 

 

 


 

7番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

7番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 

 


 

No.8 140yds

 

 

 

 

 

 

 


 

8番グリ-ンから振り返る

水は、バンカー内のカジュアルウオ-タ-!

 

 

 

 

 

 


 

No.9 530yds Par5

 

 

 

 

 

 

 


 

さつき No.1 310yds

 

 

 

 

 

 

 


 

さつき 1番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

1番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 

 


 

No.2 155yds

 

 

 

 

 

 

 


 

2番グリーンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.3 280yds 打ち上げ

 

 

 

 

 

 

 


 

3番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

3番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

 

No.4 390yds

 

 

 

 

 

 


 

 

4番第2打付近

 

 

 

 

 

 


 

4番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 


 

4番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 

 


 

No.5 520yds Par5

 

 

 

 

 

 

 

 


 

5番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 

 


 

5番第3打付近

 

 

 

 

 

 

 

 


 

5番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 


 

5番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 

 


 

No.6 120yds

 

 

 

 

 

 

 


 

6番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 

 


 

No.7 345yds

 

 

 

 

 

 

 


 

7番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 

 


 

7番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 

 


 

7番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

No.8 375yds

 

 

 

 

 

 

 


 

8番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

8番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 


 

 

8番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

 

No.9 555yds Par5

 

 

 

 

 

 


 

9番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

9番第3打付近

 

 

 

 

 

 

 

 


 

9番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総合評価3点 雨でフェアウエーが柔らかく、ボ-ルに土が付く日だったが、コ-スに落ち葉少なく、プレ-に大きな支障無し。

ランチバイキングは、美味しくて楽しめました。

①デザイン等3点、②スコア抵抗力3点、③メンテナンス4点、④トラディション2点、⑤練習環境2点

 

紅葉狩り(福島)

日曜日, 10月 22nd, 2017

紅葉狩りに、景色の素晴らしいことで有名な磐梯吾妻スカイラインに行くことにしました。 しかし、家から300km以上あり、日帰りは辛いので、先ず入口近くにある高湯温泉に行き、翌日見物する日程とします。

 

 

 


 

安達太良SA 260km地点で休憩

 

 

 

 

 

 

 


 

安達太良山 山頂が乳首に似ていると言われてます

 

 

 

 

 

 

 

東北自動車道・福島西ICで降りて、15kmほど走って、高湯温泉のんびり館に向かいます。 ここは、奥州三高湯のひとつで自然湧出の温泉として開湯400年余りの歴史があります。

 

 


 

3時前に到着!

 

 

 

 

 

 

 


 

神無月会席

 

 

 

 

 

 

 


 

追加で温泉ふぐの刺身を頼みましたが、私にはもう一つ物足りない味です。

 

 

 

 

 

 

 


 

朝食! 8時からと決められています

 

 

 

 

 

 

 


 

四季の湯(男) 白濁の硫黄泉で素晴らしい!

 

 

 

 

 

 

 


 

貸切風呂(一酔) 空いていれば何時でも使えます

 

 

 

 

 

 

 


 

渓流脇の露天風呂 男女別

 

 

 

 

 

 

 


 

男湯 せせらぎの湯

湯の花は沈殿しています

 

 

 

 

 

 


 

不動尊展望所 ここから滝を見物

 

 

 

 

 

 

 


 

不動滝

 

 

 

 

 

 

 


 

部屋から見た朝日 幸運にも良い天気!

 

 

 

 

 

 

 


朝食後、磐梯吾妻スカイラインへ出発!

ロープウェー跡

 

 

 

 

 

 

 


 

つばくろ谷に架かる不動沢橋 170m 高さ84m

橋1

 

 

 

 

 

 


 

橋2

 

 

 

 

 

 

 


 

橋3

 

 

 

 

 

 

 


 

昔の橋桁跡 ここから橋を眺めると良い!

 

 

 

 

 

 

 


 

昭和39年7月竣工とある

 

 

 

 

 

 

 


 

鼓滝?

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 


 

橋からの眺め

 

 

 

 

 

 

 


 

橋の様子

 

 

 

 

 

 

 


 

天狗の庭?

 

 

 

 

 

 

 


 

双竜の辻?

 

 

 

 

 

 

 


 

浄土平 ビジターセンター付近

 

 

 

 

 

 

 


 

浄土平湿原

 

 

 

 

 

 

 


 

桶?

 

 

 

 

 

 

 


 

吾妻小富士

 

 

 

 

 

 

 


 

上から浄土平を見る

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

意外に小規模

 

 

 

 

 

 

 


 

天文台内部

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

潮見峠からの眺め

 

 

 

 

 

 

 


 

天風境

 

 

 

 

 

 

 


 

天風境

磐梯吾妻スカイラインを終え、磐梯吾妻レークラインに向かう

 

 

 

 

 

 


 

中津川渓谷レストハウス

 

 

 

 

 

 

 


 

駐車場から健脚なら約10分で歩けるが、このような階段を降りる

 

 

 

 

 

 

 


 

渓谷1

 

 

 

 

 

 

 


 

渓谷2

 

 

 

 

 

 

 


 

渓谷3

 

 

 

 

 

 

 


 

渓谷4

 

 

 

 

 

 

 


 

秋元湖

 

 

 

 

 

 

 


 

五色沼

 

 

 

 

 

 

 


 

猪苗代湖

 

 

 

 

 

 

 


 

猪苗代湖

 

 

 

 

 

レ-クラインから磐梯山ゴ-ルドラインを通り、磐越自動車道・磐梯河東ICから乗って郡山JCT経由東北自動車で帰る。

 

 

 


道の駅 ばんだい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鶴舞カントリー俱楽部西C(千葉)

木曜日, 10月 12th, 2017

コモツア-で鶴舞CC西コ-スに行きました。 東コ-スは、2010年2月にプレ-しましたが、西は初めてです。 アクセスは良く、圏央道・市原鶴舞ICまで73km、約60分。 そこから2km、3分で到着です。

 

 


 

井上誠一設計で1971年11月開場。 運営は、東急ゴルフリゾ-ト

東コ-ス6910yds、西コ-ス6890yds

GDO4.4、楽天4.6

五井駅東口よりクラブバスあり

 

 

 

 


 

ドライビングレンジ 250yds 27打席 V450円/30球

 

 

 

 

 

 


 

チッピング用グリ-ン ドライビングレンジに近い、西コ-ス側にある

 

 

 

 

 

 

 


 

アプロ-チ用グリ-ン2面、 林でセパレートしてある

人が居なければ、60ydsくらいまで練習可能。

 

 

 

 

 

 


 

バンカ-用グリ-ン 2つバンカ-がある

 

 

 

 

 

 

 


 

練習グリ-ン 刈高3.6mm 9.5ft

 

 

 

 

 

 

 

この日は、セルフで西OUTからプレ-しました。 10月中旬となったのに最高気温29℃の暑い日です。

 

 


 

西 No.1 360yds

 

 

 

 

 

 

 


 

1番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

1番グリ-ン方向

 

 

 

 

 

 

 


 

1番グリーンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

 

No.2 350yds

 

 

 

 

 

 

 


 

2番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

2番グリーン

 

 

 

 

 

 

 


 

2番グリーンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

 

No.3 150yds 打ち下ろし

 

 

 

 

 

 


 

3番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.4 490yds Par5

 

 

 

 

 

 

 


 

4番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

4番第3打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

4番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 


 

4番グリ-ンから振り返る

2本の空中のハザードとなる木

 

 

 

 

 

 


 

No.5 390yds 左ドッグレッグ

 

 

 

 

 

 

 


 

5番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.6 185yds 打ち下ろし

 

 

 

 

 

 

 


 

6番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.7 410yds

 

 

 

 

 

 

 


 

7番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

7番第3打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

7番グリ-ンから振り返る

ここも空中のハザード2本

 

 

 

 

 

 


 

No.8 330yds

 

 

 

 

 

 

 


8番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 

 


 

8番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 


 

8番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.9 485yds Par5

 

 

 

 

 

 

 


 

9番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

9番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.10 375yds

 

 

 

 

 

 

 


 

10番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

10番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 


 

10番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.11 375yds

 

 

 

 

 

 

 


 

11番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

11番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 


 

11番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 

 


 

No.12 335yds

 

 

 

 

 

 

 


 

12番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

12番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 


 

12番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.13 170yds

 

 

 

 

 

 

 


 

13番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.14 510yds Par5

 

 

 

 

 

 

 


 

14番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

14番第3打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

14番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 


 

14番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.15 375yds

 

 

 

 

 

 

 


 

15番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

15番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 


 

15番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.16 125yds

 

 

 

 

 

 

 


 

16番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.17 400yds 谷越え 正面の木の左を越えていく

 

 

 

 

 

 

 


 

17番ティ-ショットを終えたら、この橋をカ-トを降りて渡る!

 

 

 

 

 

 

 


 

17番第2打、越えた位置により残り距離が変わる

 

 

 

 

 

 


 

17番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.18 490yds Par5

 

 

 

 

 

 

 


 

18番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 

総合評価5点 季節外れの暑さでスコアはボロボロだったが、美しい手入れの行き届いたコ-スなので、再度挑戦したい!

①デザイン等5点、②スコア抵抗力5点、③メンテナンス5点、④トラディション5点、⑤練習環境5点

 

 

小池都知事人気の不思議

木曜日, 10月 12th, 2017

都民ファ-ストと呼び掛けて当選した小池百合子知事は、都民に貢献することなく国政選挙に注力中です。 いつの間にか国政ファ-ストとなっています。 築地市場移転問題は、長い間調査と称して移転延期となり、道路整備などに大きく歪を与えて、両市場両立方針と言って具体性のない提案で煙に巻く! オリンピック会場問題も色々都知事の権限を振り回して、紛糾させて、予備費を削って成果を出したように見せている。 この言行不一致の政治家が何故か新党を作って安倍政権を倒すそうだが、見てみたい。

 

秋田川蟹旅行

土曜日, 10月 7th, 2017

日本の川蟹料理を食べてみたいと以前日経新聞で読んだ秋田の強首温泉に出かけることにしました。 幸いANAのマイルがあり、特典航空券と妻のは「いっしょにマイル割」を利用しました。

秋田行の第一便、ANA401羽田発7:50に乗り、秋田8:55に到着したら予約していたオリックスレンタカーに行き、2500ccマークXを借りて、先ずは角館の武家屋敷通りを見に行きました。

 

 


 

JR角館駅 武家屋敷が何処にあるかわからないので、先ず駅に来ればなんとかなると考えたのです!

 

 

 

 

 

 


 

角館と鷹ノ巣駅を結ぶ秋田内陸縦貫鉄道の駅

左の建物が仙北市観光情報センターです。ここでガイドマップを入手し、無料駐車場に車を止めて、出発です。

 

 

 

 

 


最初に見学無慮の西宮家に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

2階にある展示品の数々

 

 

 

 

 

 

 

そこから標識や地図を頼りに武士の住んでいた表町の方に移動です。 佐竹藩の城下町は、どこも同じかと思いますが城に近いほど上級武士が住み、次に中級武士、下級武士。 通りを隔てて商人の住まいとなるそうです。 江戸の時代は、粗末な木造住宅なので失火で次から次へと燃え広がり、大火となる事が多いので通りを広くして火の粉が飛んで来ないようにする工夫です。 また武士の家には、葉の数が多く火の粉から家を守ってくれる、モミジが沢山植えられています。

 

 


 

母屋

 

 

 

 

 

 

 


 

中級武士の小田野家の門構えと筆者

 

 

 

 

 

 

 


 

室内の様子

 

 

 

 

 

 

 


 

苔生えて緑の美しい周囲

 

 

 

 

 

 

 


 

河原田家の門、 門構えが立派です。

 

 

 

 

 

 

 


 

岩橋家の古井戸

 

 

 

 

 

 


 

囲炉裏

 

 

 

 

 

 

 

 


人力車から武家屋敷通りを撮影

この若いイケメンの車夫は、地元出身で知識があり、親切!

30分5千円だけど乗る価値がある

 

 

 

 

 

 


上級武士 石黒家の門 隣は、次席の青柳家

 

 

 

 

 

 

 

 


 

右が青柳家の塀で左が石黒家の塀。 高さが格の違いを表す!

 

 

 

 

 

 

 


 

穀物蔵の支柱。 雪の加重に耐えられるようにしてある。 支柱中ほどの菱形は、ネズミ返し。

 

 

 

 

 

 

 


 

唯一現存する下級武士の家。 宮沢りえの出た映画のロケに使われた。

屋根に石が載せてあるのは、屋根材が木の皮で出来ていて、風で飛ぶのを防ぐため当時から石を使っていた。

 

 

 

 

昼は、七代佐藤養助作の稲庭うどんを比内地鶏と一緒に食べましたが、本場物に感動!

秋田県の観光スポット人気5位の武家屋敷通りを終え、次は人気9番目の抱返り渓谷に向かいます。

 

 


 

向こうに見える橋は、神の岩橋

トレッキングコース 難易度初級 4.14km 約1.5時間

手前が神代発電所。 まずは抱返神社に参拝します。

 

 

 

 

 

 


神の岩橋 1926年完成。 この先のトンネルを抜けると回顧(かいこ)の滝があるらしいが、通行止めだった。 古くは秋田杉を運ぶ道だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 


 

橋から見た渓谷の眺めコバルトブルーの水面が見えます

 

 

 

 

 

 

 

抱返り渓谷の次は、人気6番目の田沢湖に向かった。

 

 

 


田沢湖1 発電所付近 取水口と吐水口が近くにある

水深423m

 

 

 

 

 

 

 

 


 

田沢湖2

 

 

 

 

 

 

 


 

田沢湖3

 

 

 

 

 

 

 


 

田沢湖4

 

 

 

 

 

 

 


 

今夜の宿、水沢温泉 プラザホテル山麓荘別館 四季彩

駒ヶ岳の中腹にある 客室18室

 

 

 

 

 

 

 

 


 

山麓のイメージ通りで良かった。夕食は、食前酒の桃子カクテルから始めて、デザ-トのマロンプロンまで全13品、お腹いっぱいです。

 

 

 

 

 

 

 

料理も美味しくて、満足して翌朝、乳頭温泉郷(観光スポット人気1番)に向かった。

 

 


 

水沢温泉黒森展望台から田沢湖を見下ろす

 

 

 

 

 

 

 


 

もし次回来ることがあれば、こちらの山麓荘本館にも泊まってみよう!

客室106室

 

 

 

 

 

 

 


乳頭山黒湯温泉に向かう途中の渓流

車が1台通れる程度の道幅なので、対向車を交わす場所が8か所くらい作ってある。

 

 

 

 

 

 


 

20台位止められる駐車場があり、そこから歩いて降りて湯治場へ行きます。

駐車場から見た黒湯温泉。 中は、撮影禁止で写せませんでした。

利用時間 9:00~16:00 自炊棟や宿泊棟があります。入湯券600円

 

 

 

 

 

男女混浴温泉・混浴露天風呂とその少し先に男女別温泉・男女別露天風呂の2つあり、源泉が異なるので2か所に挑戦しました。

混浴風呂には、幸い女性は居なくて男二人と入浴しましたが、着替え室は男女別でも入る浴槽は2Mx3Mくらいの小さいものだからかなり度胸が必要です。 湯は、乳白色の硫黄泉で、露天風呂の周囲はのっぱらで、硫黄が吹き出している野趣味満点の風呂でした。 まさに秘湯だと思いました。 いよいよ旅のきっかけとなった川蟹(モクズガニ)を食べに行きます。

 

 

 


 

大仙市指定有形文化財と書かれていて、これが入口です! しょうほう苑

 

 

 

 

 

 

 


 

玄関の様子。常陸の国から初代秋田藩主佐竹公を慕ってこの地にやって来た小山田家が、庄屋として使っていた住居を15代目当主が亡くなってから旅館として使っています。 現在は、16代目当主小山田 明氏が運営。

 

 

 

 


16.3mの長い一本物秋田杉を使った玄関口の廊下

 

 

 

 

 

 

 

 


 

鹿鳴館風の階段と家紋入りの人力車

 

 

 

 

 

 

 


 

食事処

 

 

 

 

 

 

 


 

泊まった部屋、すいせんの間 ノスタルジックですが、防音は昔の生活と同じで無きに等しい状態です。

 

 

 

 

 

 

 


 

ここの駐車場脇から湧出している強首温泉

自家源泉で、加水もしていない100%かけ流し

 

 

 

 

 

 


 

16代当主奥方が作る料理。 美味しい!特に特別栽培米あきたこまちのご飯は、めちゃくちゃ旨い! 我が家も米はこだわり、飯山の幻の米をはじめ、白河浪漫(有機栽培米)合鴨農法品や福井のあきさかりなどを高級炊飯器で炊くのですが、それらの米より少し美味い気がする。 多分炊飯方法が違う。

 

 

 

 

 


 

茶色が鯉の甘露煮。 この甘露煮と鮎の塩焼きは、骨まで美味しく食べられて、今まで食べたものと異なる旨さ。 料理は、和え物から始まり、最後の水菓子のアロエまで14品ありました。 川蟹は、玉子豆腐のあんかけ、みそ甲羅焼、つみれと食べました。

 

 

 

 

 

 

 

旅館のすぐ裏手が輪中堤があり、雄物川が流れています。 広い河原です。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

雄物川船着場? こんな所から蟹を獲りに行くのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

雄物川河原を見た後、樹齢300年の杉が参道に並ぶ唐松神社に行きました。

 

 


 

秋田県天然記念物の杉並木

 

 

 

 

 

 

 


 

唐松神社 普通は、参道を登って参拝するように作られるのですが、この神社は女一代の守り神として、何か特別の理由で下って参拝するようになっています。

 

 

 

 

 

 


 

唐松山天日宮 周りが堀で囲まれています。 お参りした後、裏に廻って石に触れてお願いすると願いがかなうと言われてます。

 

 

 

 

 

 


 

何を願ったかは、秘密です。 帰宅後直ぐに行った釣行は、竿頭となりました。

 

 

 

 

 

 

 

翌朝、ロイヤルセンチュリーゴルフに行き、プレーを楽しんだ後、空港で車を返して帰路につきました。

ANA410 秋田20:10 → 羽田21:15 実際は10分近く早い到着となりました。 秋田地区は、7月23日の大雨で雄物川上流や福部内川と由利本荘の芋川が氾濫し、新幹線も一部運休するなどの被害があり、8月25日には福部内川の氾濫で800人に避難指示がでるなど雨の影響で、道路通行止めがいくつかありましたが、無事旅行を終えることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロイヤルセンチュリーGC(秋田)

木曜日, 10月 5th, 2017

秋田に行ったついでに、ロイヤルセンチュリーゴルフ倶楽部でプレ-しました。 宿泊した強首温泉・シヨウホウ苑から約20km、秋田空港からも約20km、30分弱の位置にあります。 秋田駅からタクシ-で40分だそうですが、今年の7/23、8/25の大雨の影響か、土砂崩れの跡や道路の通行止めがあちこちにあります。

 

 


 

佐藤謙太郎氏の設計で1995年10月開場。 6834yds Par72 CR72.6

楽天3.0 GDO予約枠なし

 

 

 

 

 

 


 

ドライビングレンジ 210yds 10打席

料金?

 

 

 

 

 

 


 

アプローチ場

 

 

 

 

 

 

 


 

練習グリーン 8.0ft

 

 

 

 

 

 

 

旅館の朝食を早めてもらって、食後直ぐに出発したのですが、到着後時間無く、送ったキャディーバッグから雨合羽と靴を取り出してすぐにスタートとなりました。 初めてのコ-スですが、自走式乗用カ-ト(ナビ機能無し)を利用し、セルフプレーでスタ-トしました。 地元での評判が良く、我々の後ろはコンペ組が続いており、平日なのに駐車場に車も沢山止まっています。

ピン位置は、旗の色で白色は奥、黄色は中央、赤色は手前を表します。 朝、散歩した時は青空で、期待したのですが、プレーを開始したときは、降っていました。

 

 

 


 

No.1 478yds Par5 右は谷。

 

 

 

 

 

 

 


 

1番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

1番第3打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

1番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.2 369yds

 

 

 

 

 

 

 


 

2番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

2番グリーン

 

 

 

 

 

 

 


 

2番グリーンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.3 134yds

 

 

 

 

 

 

 


 

3番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

 

No.4 505yds Par5

 

 

 

 

 

 


 

4番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

4番グリ-ン方向 谷越え

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

4番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.5 340yds

 

 

 

 

 

 

 


 

5番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

5番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 


 

No.6 345yds

 

 

 

 

 

 

 


 

6番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

6番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.7 356yds

 

 

 

 

 

 

 


 

7番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

7番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.8 189yds 谷越えの長いパ-3

 

 

 

 

 

 

 


 

8番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 


 

8番グリ-ンから振り返る 中央右にティ-Gが見える

 

 

 

 

 

 

 


 

No.9 390yds 池絡み

 

 

 

 

 

 

 


 

9番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

9番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 


 

9番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 

ここの昼食は、美味しかった! 食後のコ-ヒ-を愉しみ、もう雨も上がったと考え出発。

 

 


 

No.10 361yds

 

 

 

 

 

 

 


 

10番グリ-ンから振り返る

この黒い曇で判るように天気が急変してまた雨が来た。

 

 

 

 

 

 


 

No.11 341yds

 

 

 

 

 

 

 


 

11番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

11番グリ-ンから振り返る

天気が猫の目のように変わる!

 

 

 

 

 

 


 

No.12 139yds 打ち下ろし

 

 

 

 

 

 

 


 

12番 LTから116yds

 

 

 

 

 

 

 


 

12番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.13 448yds Par5

 

 

 

 

 

 

 


 

13番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

13番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.14 360yds

 

 

 

 

 

 

 


 

14番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

14番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.15 382yds

 

 

 

 

 

 

 


 

15番第2打付近

 

 

 

 

 

 

 


 

15番グリーンから120yds付近にある鐘。

120yds以内となったら、後続組に知らせる

 

 

 

 

 

 


 

15番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

No.16 175yds

 

 

 

 

 

 

 


 

16番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 


 

No.17 475yds Par5

 

 

 

 

 

 

 


 

17番第2打

 

 

 

 

 

 

 


 

17番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 


 

17番グリ-ンから望む山々!

 

 

 

 

 

 

 


 

No.18 377yds 自分の飛距離に応じて狙うバンカ-を選ぶ!

 

 

 

 

 

 

 


 

18番第2打付近 間違えるとこうなる

 

 

 

 

 

 


 

18番グリ-ン

 

 

 

 

 

 

 


 

18番グリ-ンから振り返る

 

 

 

 

 

 

 

 

総合評価3点 グリーンから次のティ-Gまでのインターバルが結構ある。 それと球がカ-ト道路に落ちて運不運が起きるのを防ぐためか、道路付けがホ-ルフェアウエーから遠くて、カ-トから降りてボ-ルまで歩く距離が遠いし、カ-ト道路に来ないための盛り土が高く、カ-トからホ-ルの状況が見えない。 キャディ付なら問題無いが、セルフプレーは少し大変! バンカ-形状は、スタイリッシュで美しい。

①デザイン等4点、②スコア抵抗力4点、③メンテナンス3点、④トラディション2点、⑤練習環境3点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function ereg_replace() in /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/footer.php(1) : eval()'d code:1 Stack trace: #0 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/footer.php(1): eval() #1 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-includes/template.php(723): require_once('/home/comogolf/...') #2 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-includes/template.php(672): load_template('/home/comogolf/...', true) #3 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-includes/general-template.php(76): locate_template(Array, true) #4 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/archive.php(91): get_footer() #5 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-includes/template-loader.php(106): include('/home/comogolf/...') #6 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/comogolf/...') #7 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/index.php(17): require('/home/comogolf/...') #8 {main} thrown in /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/footer.php(1) : eval()'d code on line 1