西太后の夏の離宮

イ-フ-ユエンと呼ばれる中国庭園で、北京の北西15kmに位置する。

 

入口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界遺産登録証とガイドの呉さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏香閣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽寿堂

 

 

 

 

 

 

 

十七孔橋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敷地総面積290万平方メ-タ-の内、毘明湖(人造湖)が4分の3を占める。

清代に今の形に整備され、離宮として使われていたが、1860年英仏連合軍により破壊された。

西太后の時代に光緒帝の名で避暑地として再建されたが、資金は北洋艦隊を整備する海軍予算を流用したと言われ、再建が清朝の滅亡を早めたとも言われる。

 

カテゴリー: 文化 パーマリンク