久里浜沖クロダイ

ツツジが咲くとクロダイの乗っこみが始まります。 1年振りにクロダイを釣ろうと久里浜黒川丸に行きました。 例年だと金谷地区の船宿(吉三郎丸・岡沢釣具店)に行くのですが、今年はまだ始まらないため、痺れを切らして黒川丸にしました。この地区の船は、7時になると港から一斉にポイント(下浦沖水深17M)に向かい、釣開始となります。今日は、下げ潮の西風で左舷有利と左艫2番目に席を取ったのですが、船は東に船先を向けての釣り始めとなりました。 従って右舷の艫の二人は好調で、9時に右艫の人は6尾目を釣り上げました。 9時半にようやく私にもアタリがあり、最初の1尾を釣り上げ、10時半に2尾目で本日最大の52cm2.5kg(写真)を釣る事ができました。どちらのクロダイもト-ホ-の透明パイプを付けた針に食ってきました。 黒川船長は、釣らせる事に熱心な人で、シェルビ-ズを配ってくれたり、船のコマセにマルキュウのチヌパワ-も用意してくれています。

石鯛の子や海タナゴが釣れた後、3尾目・4尾目を釣り、もうクロダイも充分なのでオキアミだけをビシに詰めて、コマセていたら強烈な引きがきて、44cm1.8kgのメジナがKムラを付けた針に食ってきました。 ショウサイフグが一荷で釣れたりしたのでcimg4023、オレンジパイプを付けた仕掛に換えたら、サメが来たので、それを潮時に仕舞うことにしました。 右艫の人は、クロダイ合計15尾の大釣り、右艫2番も7尾でした。

竿:手持ち平目V265、リ-ル:シマノ小船C1000、糸PE4号、ハリスシ-ガ-1.5号

カテゴリー: フィッシング パーマリンク