チ-ズケ-キ工房に行きました

那須ガ-デンアウトレットで買い物をした後、NHKで紹介されていた「チ-ズケ-キ工房ナニワ」のことを思い出し、立ち寄ることにしました。

IMGP3459 Farm

3時ごろには売り切れることもあると聞いていたので、念のため電話を入れてみると案の定、残り僅かとの事! ”それ行け”と高速道路を使って那須高原SAに向い、そこからリンドウ湖の方向に車を走らせ着いてみると、駐車場に10台ほど車が停めてあり、お客が沢山いるのが判ります。

営業時間は11:00~17:00ですが、品物が無くなり次第閉店と言われてますので、急いで中に入るとレジの3番目に並びました。 ショ-ケ-スを見るとケ-キが僅かしかなく、我々に一切れが買えるかどうかの瀬戸際です。 その間にも後ろに2組客が並んだのですが、店主から「品物はこれだけです」と聞いて1組は帰っていきました。

やっと我々の順番となり、最後にチ-ズケ-キ2切れが残っていたのは幸運でした。 そして後ろの夫婦は買うものが無く、「飲み物でも?」と牛乳を買って飲んでいました。 ここのケ-キは、自営の農場で飼育している乳牛から絞った原料を使っています。 ストレスの無い環境で育てた牛から絞る牛乳は格別です。 それを使ってじっくりと仕上げたケ-キですから、一度食べてみたかったのです。 一切れ400円で2個買えたので、女房と仲良く食べることにしました。 次回は余裕を持って、2時ごろ訪問するつもりです。 味はご自分の舌で確認してください。 美味い!

IMGP3460 ranch

カテゴリー: 文化 パーマリンク