ヤリイカ入れ食い

ひなまつりの日に勝浦八幡丸へヤリイカ釣りに行きました。 気温0~6度と寒い日でしたが、勝浦沖100M前後でイカが釣れているとの情報で出漁した次第です。 平日のため客が5人と少なく、右舷での片舷釣で、艫から2番に座り、5時10分の出港の時を迎えました。 海は凪で、風も無く40分ほど南に走った大沢漁港沖が今日のポイントとの事。 これなら小湊の須々木丸に乗れば目の前の海だったのにと考えていると投入準備の声がかかり、いよいよ第一投です。 オマツリを考え、最初は5本ツノ仕掛でやってみる事にし、適当に自作仕掛を選んで投入すると直ぐに乗りがありました。 最初だから先ずイカの顔を見ようと巻上げ開始。 船長から「もう少し待って追い食いさせろ」と助言がありましたが、そのまま上げてビックリ。 下2本のツノがありません。 付け方が悪く、スッポ抜けたようです。 直ぐに別の5本仕掛けに換えて投入すると、底立ちを取った直後から断続的なイカの引きが感じられました。 上げてみると5本ツノに5尾の大型ヤリイカが乗るパ-フェクト! イカを取り込み、急いで再投入し、誘うと竿先がクンクンとイカのアタリを教えてくれます。 上げると今度もパ-フェクトですが、上から2つ目の50cmはゆうにある大型を水面で逃してしまい、4尾。 また入れると3尾、次も4尾と入れ食い。 瞬く間に30尾近く釣って、群が遠のいたので小移動。 8時半頃までは好調に釣れました。 時合はここまでで、そこから先はポツリポツリの釣となり、10時頃には風が強くなり、白波が立ち、しけ模様となり、11時の納竿間際にやっと多点掛けを確信して巻き上げると4人のオマツリとなり、結局1尾しか取り込めませんでした。

釣果は、45尾とまずまずで、トップが56尾と言ってました。 竿:先鋭剣崎、リ-ル:シマノ1000SP、 錘 150号オレンジ

反省: オマツリを気にせず、7本か10本ツノ仕掛を使えば、更に釣果を伸ばせたと思う。

カテゴリー: フィッシング パーマリンク