山正丸でヒラメ釣り

12月1日に茨城北部のヒラメ釣りが解禁となり、解禁直後の大判ヒラメを狙う熱心な釣り人で釣り船も混雑しています。 私自身もその一人で、昨年暮れに自己最大の73cm・5.3kgのヒラメを釣ったゲンの良い大洗山正丸で出漁しました。 解禁初日の昨日も20人の釣り人だったそうで、朝3時半に港に着くと水戸、つくばのナンバ-プレ-ト以外に、栃木、宇都宮、所沢、練馬、横浜と既に車が沢山留まっています。 気温2℃の中、ク-ラ-を持って急いで船に場所取りに行くと大艫もミヨシもク-ラ-が並んでいます。

今日の潮は右舷有利と読んで、右舷の艫よりにク-ラ-を置いて、集合時刻の5時まで仮眠することにしました。 受付を済ませ、お金を払って5時15分には出港です。 しかし、港を出た船は舵を右に切り、南に向かっています。 約45分ほど走って、僚船がいる大竹沖で開始となりました。 60号の球型おもりと3本針の仕掛けに鰯を丁寧に付けて、リ-ルをサミングしながら第一投です。

ほどなくヒラメ独特のアタリがあり、充分に飲み込ませた後、竿を立てると重量感が伝わってきました。 6:20タモに収まったのは、47cmのヒラメです。 ハリスを確認し、新しい鰯を付けて、再度投入すると直ぐにアタリがありました。 しかし今度はそれに続く締め込みがありません。 竿を上げてみると、鰯に歯型が残っていました。 どうやらヒラメが何か異常を感じて放してしまったのです。 気を取り直して、鰯を新しくして待っていると今度は39cmが釣れました。 7時には、また40cm弱の小型が釣れ、この場所は小型が多いのかと周囲の人のヒラメを見るとそうでもありません。 餌を少し大きめの鰯にして釣ると7時半に48cmを釣り上げることができました。 

8時5分には50cmを釣り上げ、この調子ならツ抜けの10枚も可能かと思った頃からアタリが遠のき、潮止まりを迎えました。 今度は上潮でミヨシ寄りの人が釣れだしました。 10時20分に49cmを釣り、これが今回最後のヒラメとなりました。 乗船者20名の中には3.4kgを釣った人もいますが、数では7枚が最高で、私の名前がサンスポに載ることになりました。 次回はもっと寒くなった頃に再度寒ヒラメに挑戦し、レコ-ド更新(75cm以上)を目指します。

カテゴリー: フィッシング パーマリンク