小湊沖カンパチ釣り

小湊では先ずアジを釣り、それを泳がしてカンパチが釣れているとサンスポの記事で読んで、一度やってみたいと思っていました。 そこで、8/18須須木丸で初挑戦したのですが、火曜日だというのに11名の客がいて、この釣りは人気があるのが判ります。

4時半に離岸し、港の直ぐ近くで餌にする豆アジをサビキで釣るのです。 投入後、小気味の良いアタリで竿を上げてみると、ウリん坊[イサキの稚魚]です。 船長も直ぐに移動を告げて、再度やり直しです。 今度釣れたのは、アジですが15cm以上の型で、餌には少し大きいのです。 また底の方で当たるのは、体長25cm以上の塩焼きサイズ。 それは、人間の餌になるのでどんどん釣りました。

1時間程サビキでアジ釣りをして、12~28cmアジを30尾確保したら、泳がせの開始です。 先ず、左舷胴の間で1.5kgのヒラメが釣れ、右舷側で2kg位のカンパチが上がり、続いて1メ-タ-のシイラが食って、私の仕掛けもオマツリに参加してしまいました。 この日はカンパチの食いが悪く、他の人には泳がせではほとんど何も釣れませんでした。 カッタクリの人がたまに25cm位のカンパチを釣りましたが、私にはサバ・アジ・ソ-ダしか釣れません。 「後5分であがります」とアナウンスされた直後、隣の人が35cm位のカンパチを一荷で釣り、続いて1尾を追加しましたが、私はすでに片付けの入っていたので、どうすることもできません。

美味しい天然カンパチを食べるべく、再度20日に釣行しました。 餌釣りの第一投でアジの多点掛けを狙い、じっくりアタリを数えて10本針のサビキに7~8尾釣れたと判断し巻き上げてアジを外そうと仕掛けを見たら、一番下の針に45cm位のヒラメが付いていました。 大声で船長にタモを頼み、スクってもらったのですが、タモ取りに失敗して海に返してしまいました。

気を取り直して、アジを泳がせ釣りの仕掛につけて竿受けに固定し、自分はカッタクリで狙うことにしました。 仕掛は自製の黒ナマズ、シマアジ金龍針、フラッシャ-針で、底からさぐってくると面白いように毎回何かが釣れて来ます。 子サバに邪魔されますが、30~35cmのカンパチ、ワカシ、アジ、カマス、子鯛と金龍針は人気です。

すると「食った!」の声で辺りを見回すと私の泳がせ竿が海に突っ込んでいました。

慌てて竿を持ち、ファイテイングに入って釣り上げたのが、写真のカンパチ54cm、2.1kgです。 この日の釣果はこれを含めカンパチ6尾でリベンジとなりました。cimg4105e382abe383b3e38391e38381

カテゴリー: フィッシング パーマリンク