アルハンブラ宮殿(GRANADA)

グラナダは、ロ-マ帝国支配下の都市として歴史に名が残っているが、8世紀にイスラムの支配下に入り、13世紀ナスル朝グラナダ王国の建国で繁栄し、アルハンブラ宮殿の建築が始められた。 それから15世紀、キリスト教徒の手に落ちるまで経済・文化・芸術などで発展した。

ここの観光が、今回の旅行の目玉です。 ガイドさんの説明を聞きながら撮影したのですが、一部撮影場所が不明な所もあります。

CIMG0832

 

 

アルカサバ(城塞)

9世紀にすでにこの地にあった城塞をグラナダ王国の創始者ムハンマド1世が整備・拡張したと言われています。

 

 

 

 

CIMG0836

 

アルカサバ

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0842

 

 

アルカサバから眺めるアルバイシン?

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0843

 

アルカサバ

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0885

 

アルバイシン?

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0845

 

イスラム独特の形状をしている門

鍵穴を模ったのではなく、左右のマツメヤシが合わさったものを表していると言われる

 

 

 

 

 

 

CIMG0849

 

砂漠でも持ち運べる果物として珍重したザクロを表している

 

 

 

 

 

 

CIMG0852

ナスル宮殿内部

 

 

 

 

 

 

CIMG0854

 

イスラム独特のア-ケ-ド

 

 

 

 

 

CIMG0862

 

アラヤネスの中庭

 

 

 

 

 

CIMG0867

 

星型の天井、往時は金が貼られ、黄金に輝いていたが、後に緊迫が持ち去られた。

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0858

 

一遍11mの正方形の「大使の間」

アラベスク模様が美しく、光を背に座る王に謁見すると荘厳だったと思われる

 

 

 

 

 

 

CIMG0871

 

ライオンの中庭

中庭を囲む部屋はハ-レムだった

 

 

 

 

 

CIMG0873

 

かっては三層の噴水で2時間毎に水を噴き出すライオンが移る仕掛けだったとか

 

 

 

 

 

CIMG0874

盗難を免れたステンドグラス

瑠璃石を砕いて青ガラスを作っているので非常に美しく、色があせない

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0909

ヘネラリ-フェ

アセキアの中庭

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0912

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0846

ナポレオンが破壊した王宮の跡?

往時は、7倍の大きさだったそうです

 

 

 

 

 

 

CIMG0834

16世紀に建てられたカルロス5世の宮殿

 

 

 

 

 

 

CIMG0837

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0839

 

新円計の中庭に配した回廊

 

 

 

 

 

カテゴリー: 旅行 パーマリンク