大洗でヒラメ釣り

大洗ゴルフ倶楽部でのプレ-が決まり、そのまま帰宅するのはもったいないので、翌日ヒラメ釣りをすることにしました。 土曜日ですから大変な混雑が予想されますが、山正丸はク-ラ-先着順の席取りですから、早めに行けば大艫も可能と判断し、ゴルフを終えた後、席を取りに直ぐに船着場に行ったのです。 写真下はアクアワ-ルド周辺

IMGP3564 アクアワ-ルド周辺

明日は、出船後ずっと下げ潮だから右舷が有利と読んで、右艫にク-ラ-を置きに行くとすでに席が取られています。 その隣の2番に座るより、左舷艫が釣りやすいと左舷に座ることにしました。 しかし、この判断が翌日の釣果を左右することになりました。

IMGP3567 那珂川河口

翌朝3時前に「とびた荘」を出て、大洗港に向かいました。 席を確保してあっても、船着き場の駐車が心配だからです。 桟橋からのアジ釣り組や乗船の人の車で溢れると船から遠い場所に停めることになり、不便です。 この日もやっと一台分が空いていました。

受付が4時に始まり、4時半には18名を乗せて船が大竹南沖のポイントに向かいました。 と言っても私にはほとんど鹿島真沖に見えましたが。 オモリ60号、水深32メ-タ-で、6時の開始直後にコツンとアタリがあり、ハリス切れになりました。 サワラかも知れません。 左舷の人にアタリが来ないのに右舷では盛んに竿が絞られて、良型ヒラメが上がっています。 右舷側が2匹目を釣った6時半にやっと1匹目を釣り上げ、2匹目は7時5分前となりました。 その後も先にポイントに入る右舷が好調で、私の3匹目が来た8時10分頃には、右舷艫は10匹近く釣り上げて、バラシも出ていました。 彼らの釣り残した40cm以下をこちらが釣り上げているようにも思えます。 干潮となった9時半以降、やっとこちらに流れが変わり、4匹目が9時20分、5匹目が9時半、6匹目が10時、7匹目が10時8分、8匹目が10時18分と追い上げますが、そこで誰にも当たらなくなり、9匹目は納竿近い11時50分となりました。 トップは、右艫の14匹、右舷に10匹が二人、艫2番が8匹を釣り、ソイ・ワラサもあがりました。 この日最大のヒラメは、4.8kgだったそうです。 海門橋の鐘に大ヒラメの願をかけたのですが、残念な結果でした。 でも9匹は大釣りですね!

IMGP3568 鐘

カテゴリー: フィッシング パーマリンク