庭のイチジク

愚妻は、無花果が大好きです。 そのイチジクを昨年庭に植え、収穫できる日を楽しみに育てていた次第です。

大切にしていた甲斐があって、イチジクの木が大きく成長し、今年は収穫できそうだと話をしていました。 9月に入り、沢山芽吹いた実の一部がふくらみ、9月6日の朝、ゴルフから帰ったらこの実を収穫しようと楽しみにして出発したのです。

 

 

左の赤い実は、鳥に食べられて半分だけ残っています。

これは、食べかすだけ。

 

 

 

 

帰宅して見ると

第1回目の収穫は、鳥に先を越されてしまいました。 実は沢山あるので、次は人間が先に収穫します。 早く色付けイチジクの実よ!

 

 

カテゴリー: 文化 パーマリンク