久里浜黒川丸でのクロダイ釣り

毎年ツツジが咲くころになるとクロダイ釣りに行きます。 釣行先は、金谷の相沢釣り具店か久里浜黒川丸です。 金谷はウイリ-仕掛けで釣るので、アジやサバも釣れますが、クロダイの数釣りでは久里浜がトップ10~20尾を越えるので可能性が高くなります。

この日は、久里浜に行くことにしました。 予約は要らないし、出船することが判っていたからです。 良い席を取ろうと朝3時に家を出て黒川丸の店に行き、順番を決める番号札を引くと5番でした。 地元の人たちか既に4人が札を持っています。 5時の開店を待って受付をして料金を払い、船着き場に向かいました。 バ-ス入口の開門を待つ車が2台来ていました。

5時半から番号札の順番にクロダイ船の席を取るのですが、1番・2番の人は、左右のミヨシを選び、続く3番と4番は左前を選択して、左右の艫の席が残っています。 私は、右舷艫が今日最も有利な席だと予想していたので、迷うことなく右艫を選択しました。 そして6時45分離岸し、7時まで港入口で時間待ちをして遼船と共にポイントに向かいました。

 

 

火力発電所の煙突

 

 

 

 

 

 

 

このポイントでむつ六など5隻が操業していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハリス2号6m仕掛けを使うのでタモ取りが必須です

コマセは、アミコマセに船宿で購入したオキアミを混ぜて使います。

付け餌はオキアミです。

 

 

 

 

 

 

アタリは活発で、開始後30分で3尾、10時にはツ抜けしてこれ以上釣ってもどうしようかと考える始末。 しばらく休んで11時頃から再開するとまだポツリポツリと釣れます。 出来るだけ大型を釣ろうと餌を2匹掛けにしたりで試すのですが、40cm強のがほとんどです。

充分に楽しんだので、17尾を釣った時点で竿を仕舞い、止めることにしました。 まだ沖上がりの時間までに1時間以上あるのですが、道具を片づけ、キャビンで寝ることにしたのです。

 

 

 

この日は、17尾が竿頭で、船宿から竿頭賞をもらいました。 黒川船長は、客に釣らせるために釣り方を丁寧に教えるだけでなく、針元にピンクビ-ズを付けた方が食いが良いと配ってくれました。 この親切さが好きで通います。

家に帰る途中、スク-ルに寄り、知人に配って魚を減らしてもまだこれ位(写真)残っています。 嬉しい悲鳴です。

 

カテゴリー: フィッシング パーマリンク