鳩山由紀夫元首相は、国賊!

中国訪問中の鳩山由紀夫元首相が南京市で、尖閣諸島について記者団に「係争地であることを認め、日中関係を改善すべきた。」と発言したのを聞いて、この人間は自分が受けることだけを考え、また無責任な発言をしたと腹が立つ。

一国の元首相が、紛争の相手に対し、何を考えてこのような行動をとるのか国民の一人として私には理解できない。 そもそも米軍基地移設問題の進展を破壊し、見通しも無くやり遂げる意思も無く、沖縄県民に「辺野古移設ではなく、最低でも県外!」と約束した張本人だ! この発言で日米両政府が合意していた普天間基地の辺野古移設が暗礁に乗り上げ、盤石と思われていた日米安保条約が、形骸化していると周辺国にシグナルを送り、覇権主義の中国が資源確保と軍事面の必要性から尖閣諸島略奪計画の実施に着手させる発端となった。

国益を損ねる行動で話題を集める、まさに国賊の行いだ。 このような無責任な人物が企業のトップならその企業は社会的な制裁を受けることになるし、個人ならペテン師とか詐欺師として扱われるがこの男は国会議員を辞めても政治家として活動している。

幸い資産家だから、国益を損ねた賠償として個人資産を没収し、国庫に入れたら良いと考える。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク