下田東急ホテル

三日目は、下田東急ホテルに泊まって、フランス料理を食べることにしました。

オ-シャンビュ-の部屋が大好きな私は、去年3/10も銚子の暁鶏館に泊まり、翌日は早い出発で津波の難を逃れましたが、今年も3/10を 海が見える下田で過ごすことにしました。

部屋からの眺めの良さそうなホテル・民宿をネットで調べたのですが、ネットの情報では判り難く、また宿泊費が河津桜まつり期間中で約25000円/人と高く、納得できません。

やっと見つけたのが、オ-シャンフロントのこのホテルです。 多分、築50年以上なので割安にしているのでしょうが、実際に泊まった印象は、グッドです。

 

ホテルの正面

 

 

 

 

 

 

 

ホテルから真下にある鍋田海岸に降りる道

 

 

 

 

 

 

鍋田海岸にて

 

 

 

 

 

 

 

庭からの眺望

 

 

 

 

 

 

 

レストランからの眺め

 

 

 

 

 

 

 

部屋からの眺め

左下が大浦湾、真中が赤根島、須崎半島。

水平線に見えるのは伊豆七島

 

 

 

 

 

 

部屋の窓の右手に見える狼煙崎、

遠くに見える島は、右から神津島、式根島、新島、利島

 

 

 

 

風呂は、天然温泉で、岩風呂と檜風呂があり、岩風呂が男性用のときは檜風呂が女性用で、午前1時に交代します。

浴室には、それぞれ室内浴槽と露天浴槽があり、露天風呂に屋根はありませんが海が見えます。明るい時間の岩風呂からの眺望は、最高! 夕食後の9~10時、朝起きて出発前の6~7時は、皆さんが入浴に来て混み合います。

展望風呂で体を温め、朝食のバイキングを腹いっぱい食べて、満足して帰路につきました。

 

 

カテゴリー: 文化 パーマリンク