Warning: Use of undefined constant bwt - assumed 'bwt' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/functions.php on line 76
アーカイブ
    

南西楽園・宮古島の旅〔沖縄〕

南西楽園という魅力的な名前でユニマット系の会社が運営するシギラリゾ-トに行ってみることにしました。 東京地区なら羽田空港から宮古空港までJTAの直行便で3時間足らず、6月1日に関西空港からも直行便が始まったそうです。 宮古空港からホテルまで送迎バスで約15分。 ゴルフなら2泊3日で最大5ラウンドも可能だとの事。 ここにできた3つのチャンピオンコ-スでプレ-するために4泊5日での訪問です。

宮古諸島は、北緯24度~25度〔マイアミとほぼ同じ〕、東経125度~126度の枡の中に位置し、那覇から南西に約300km、東京から約2000kmにあります。 将来、自衛隊が駐屯するのもこの諸島です。

島々は、平坦で河川や湖沼が無く、生活用水は地下水から確保しています。 沖縄県で4番目に大きな島ですが、ハブがいないので安心です。 梅雨入りは、5月上旬で6月下旬に明けます。 その後は、本格的な夏となり、10月頃まで海水浴が楽しめるそうです。

 

 

CIMG3963

 

羽田空港第1ターミナル 南ウイング

JTA21便 6:55発 搭乗口

 

 

 

 

 

 

CIMG3964

 

機体は、ジンベイザメを模した青色の塗装

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG3979

 

東平安名崎〔ひがしへんなざき〕とオーシャンリンクス宮古島

 

 

 

 

 

 

 

CIMG3982

 

 

来間島〔くりま〕と大橋 1690m、1995年3月開通

 

 

 

 

 

 

CIMG3987

 

与那覇湾、伊良部島が遠くに見える。右は来間島

 

 

 

 

 

 

 

CIMG3990

 

 

宮古空港

宮古島・多良間島・石垣島・西表島・与那国島は先島諸島

 

 

 

 

 

 

CIMG3995

 

ホテルの送迎バス

宮古島訪問は、2度目。 といっても前回は44年前の1971年3月で米国から沖縄諸島の施政権が返還された1972年5月以前だったので、200米ドルと身分証明書を持っての来訪だった。

 

 

 

 

 

CIMG3997

 

シギラベイサイドスィ-ト アラマンダ

ジャグジーテラスに滞在。中央はチャペル

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4425

 

JAXSON製プールバス

通電すると5分間泡が出て爽快!

 

 

 

 

 

 

CIMG4076

 

オーシャンビュ-、ゴルフコ-スはシギラベイカントリ-の1番Hグリ-ン。 早速プレ-に行きました。 リゾ-ト内は全て送迎があります。 17:45以降はシャトルバスを利用することになります。

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4040

 

シギラベイCC11番グリ-ンと東シナ海を背景に記念写真

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4050

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4055

 

アラマンダ

恋に落ちる前

 

 

 

 

 

 

CIMG4060

 

沢山の蝶が群れています

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4067

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4072

 

プレ-後は、ジャグジ-でリフレッシュしてから食事です。

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4081

 

スタ-ダストガ-デン、アラマンダからシャトルバスで20分

カフェ&ピッツァ

夕日が見れる日は最高かも。

 

 

 

 

 

CIMG4082

 

ウエディングセレモニ-に使われるガーデンチャペル

スターダストガ-デンと同じ敷地にある

 

 

 

 

 

 

CIMG4086

 

2日目朝、本館でビュッフェ。

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4124

 

エメラルドコ-ストゴルフリンクスの16番海越えをプレ-

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4170

 

エメラルドコ-ストGL 6番Hグリ-ン脇に見える来間島

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4092

 

ホテルのプール

 

 

 

 

 

 

CIMG4183

 

プレ-の後は、来間大橋を渡ってみることにしました。

1690M

 

 

 

 

 

CIMG4192

 

来間島側から見た大橋

 

 

 

 

 

 

CIMG4194

 

竜宮城展望台に行き着かず、見つけた別の展望台

 

 

 

 

 

 

CIMG4196

 

飲み物等の買い物に地元ス-パ-〔イオン系〕 マックスバリュ-に行きました。 ホテルから13km。

 

 

 

 

 

 

CIMG4202

 

疲れ果てたので、夕食はリゾ-ト内のかつ勘にしました。

花はテイキンザクラ

花言葉は優れた美人

 

 

 

 

CIMG4208

3日目はオーシャンリンクスでプレ-

オーシャンリンクスに咲く月桃の花

ゲットウの花言葉は爽やかな愛

抗菌・防虫作用がある

 

 

 

 

 

 

CIMG4222

 

ランタナの花言葉は心変わり

 

 

 

 

 

 

CIMG4224

 

オーシャンリンクス4番ティ-Gで見た野性の孔雀

 

 

 

 

 

 

CIMG4235

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4273

 

18番から吉野海岸を望む

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4283

プレ-後はシュノケリング。

新城海岸〔あらぐすくかいがん〕コースで紹介してもらった人にシュノ-ケルセットを借りて、素潜りを楽しむ。

カラフルな熱帯魚との交流!

 

 

 

 

 

CIMG4288

4日目は新大橋を目指す。

平良港。 伊良部大橋を渡ろうと考え、ホテルを出発したが、まだ道路標識には表示が無く、ナビに伊良部島を入力したらここに来た。 遠方に橋が見える。

 

 

 

 

 

CIMG4289

 

みやこサンセットビ-チの案内板

 

 

 

 

 

 

CIMG4295

 

伊良部大橋、3540M〔さんごのしま〕と覚える

2015年1月31日 通行料無料の橋として日本最長

海面から33Mに設置。

 

 

 

 

CIMG4298

 

伊良部島から大橋を見る

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4306

 

沖縄らしい岩の形状

 

 

 

 

 

 

CIMG4307

 

ヤマトブ-の岩

 

 

 

 

 

 

CIMG4308

 

佐良浜港

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4311

 

花と蝶

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4321

 

牧山展望台

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4314

 

牧山展望台から見た伊良部大橋

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4358

 

昼食をたべたレストラン竜宮。 島ハ-ブと島野菜を食べさす。 宮古牛100%ハンバ-グと海の恵み定食〔初カツオ・白タマン・ミーバイの刺身など〕は、美味い。

 

 

 

 

 

 

CIMG4366

 

伊良部島案内板

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4367

 

中ノ島ビーチ。 ホテルから借りてきたセットでシュノ-ケル。 魚種が豊富で楽しめる

 

 

 

 

 

 

CIMG4370

 

開始!カクレクマノミ・ツノダシ・モンガラカワハギ・ヒメゴンベ・黄ヤガラ・ルリスズメダイなど多数!

 

 

 

 

 

 

CIMG4375

 

下地島空港の外周

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4379

 

着陸用のガイド、名称不明

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4394

 

魚垣〔ながき〕と呼ぶ潮の干満を利用した漁で、海面下に石垣を積み、引き潮で魚を閉じ込めて獲る漁法。

 

 

 

 

 

 

CIMG4403

 

渡口の浜

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4417

ブリ-ズベイマリ-ナの隣にある琉球の風

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4420

 

ブリ-ズベイマリ-ナ内にある汐彩で4日目の夕食

 

 

 

 

 

 

CIMG4426

 

5日目は、最終日として荷物を整理して宅急便で発送後、セグウエイの講習を受けることにしました。

体重移動だけで操作する新しい運転感覚です!

 

 

 

 

CIMG4436

 

海中公園を訪問。シ-サイドカフェ海遊とのランチセット券がお得です。 宮古牛ロコモコが美味しい!

 

 

 

 

 

CIMG4438

 

24個の窓から自然のままの海を見れます。

窓は3日毎に掃除するそうです。 大変ね。

 

 

 

 

 

 

CIMG4445

 

池間大橋 1425M 1992年2月開通

池間食堂のさめそば〔イタチザメの煮付け〕は、有名。

 

 

 

 

 

 

CIMG4447

 

池間島灯台〔第十一管区海上保安本部所轄〕

 

 

 

 

 

 

CIMG4449

 

池間湿原

 

 

 

 

 

 

CIMG4455

 

ハート岩、2012年NHK純と愛のロケ地

 

 

 

 

 

 

CIMG4459

 

島尻漁港の大神島フェリ-乗り場。往復700円

島まで約15分。 島には海抜74mの遠見台がある。

 

 

 

 

 

CIMG4462

 

フェリ-到着

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4466

 

シギラリゾ-ト内のシギラ黄金温泉。 日本最南端で最西端の天然温泉。 アラマンダから16分。

 

 

 

 

 

 

CIMG4468

 

空港に行く前に最後に選んだ宮古牛の焼肉料理! パワ-アップして帰宅しよう。

 

 

 

 

 

留守中、色々な事件が起こりました。 5/26 東京湾金谷港の西6kmをシャチ数頭が泳ぐのが目撃された。 5/27 松方弘樹氏が石垣島で361kgのマグロを7時間の死闘の末、釣り上げた。 5/29口永良部島新岳が噴火し、島民は避難。 5/30 20:24 小笠原諸島西沖でM8.0の巨大地震が発生。 東京も交通網が混乱した。 しかし、楽しかった。出来なかったのは、スタ-ダストの星空を見ることと海中で亀に会うこと。 次回の課題にしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 


2015年6月2日 17:17 旅行.     RSS 2.0

Leave a Reply


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function ereg_replace() in /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/footer.php(1) : eval()'d code:1 Stack trace: #0 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/footer.php(1): eval() #1 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-includes/template.php(723): require_once('/home/comogolf/...') #2 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-includes/template.php(672): load_template('/home/comogolf/...', true) #3 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-includes/general-template.php(76): locate_template(Array, true) #4 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/single.php(108): get_footer() #5 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-includes/template-loader.php(106): include('/home/comogolf/...') #6 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/comogolf/...') #7 /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/index.php(17): require('/home/comogolf/...') #8 {main} thrown in /home/comogolf/golfsuki.net/public_html/wp-content/themes/GolfGuRu/footer.php(1) : eval()'d code on line 1